ニュース

国内男子長嶋茂雄招待セガサミーカップの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼は後半スパートで出遅れ回避 セーター脱いで気合注入

2018/07/06 20:32


◇国内男子◇長嶋茂雄招待セガサミーカップ 2日目(6日)◇ザ・ノースカントリーゴルフクラブ(北海道)◇7178yd(パー72)

4年前に優勝して以来の出場となる石川遼が、後半のスパートで出遅れを回避した。前半を2オーバー(2ボギー)で折り返しながらも、後半アウトに4バーディを奪い返して2アンダー「70」。首位と4打差の2アンダーとし、54ホール短縮により2日目に持ち越された第1ラウンドを28位で発進した。

この日の最高気温は16度。午後スタートながら冷たい北風が吹き抜け、前半は「気温が低いために飛距離が出ず、アイアンの距離感が合わなかった」とスコアメイクに苦心した。13番(パー5)では、3打目のウェッジショットがグリーン手前にショートし、池の間際まで斜面を転がり落ち、ヒヤリとする場面も。続く14番では、フェアウェイからの2打目をグリーン手前のラフに外した。いずれもパーを拾ったが、決定的なチャンスがなかなか巡ってこず、17番では3パットで2つ目のボギーを喫した。

3番(パー5)でもバーディを奪えず、着用していたセーターを脱ぎ、半そで姿になって気合を注入。すると、直後の4番では145ydからの2打目を9Iでピンそば1mにつけ、ようやく初バーディが巡ってくる。距離感もホールを追うごとにアジャストし、5番、6番と伸ばして3連続バーディ。8番で4つ目とし、「もっと早くセーターを脱げばよかった」と笑った。

プレー内容には納得の言葉は少なかったが、54ホールの短期決戦だけに、出遅れを防いだことは大きい。「やっぱり優勝したいので、予選落ちのことは考えたくない。きょうは自分の中で2日目(第2ラウンド)だと思ってプレーしたし、あしたからは、トップと4打差で決勝に入る気持ちでやりたい」と意気込む。首位と4打差で迎える“仮想”36ホールの決勝ラウンド。まだまだ、逆転圏内だ。(北海道千歳市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 長嶋茂雄招待セガサミーカップ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。