ニュース

国内男子長嶋茂雄招待セガサミーカップの最新ゴルフニュースをお届け

パパも一安心 丸山奨王は満足のプロツアーデビュー

◇国内男子◇長嶋茂雄招待セガサミーカップ 2日目(6日)◇ザ・ノースカントリーゴルフクラブ(北海道)◇7178yd(パー72)

「すごく満足」と自己評価する上々のプロツアーデビューだ。丸山茂樹の長男でアマチュアの丸山奨王(しょうおう・18歳)は4バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの「71」とし、1アンダーの42位発進。3オーバーで折り返した後半アウトに4つのバーディを量産し、「本当にうれしい」と表情を緩ませた。

生まれ育ったアメリカで多くのジュニア競技を経験してきても、「緊張感がぜんぜん違った」というプロツアーの雰囲気。スタートホールの後方で父が見守る中、10番の1打目を左に曲げてボギー発進とする。その後も「緊張で思うようなスイングができなかった」という前半は、ピンチの連続だった。

16番(パー3)の1打目では、「見たこともないような球」で池に入れてダブルボギー。18番(パー5)でも、105ydから52度で打った3打目が「打ったこともないようなハーフシャンク」。グリーン右のカラーに外すと、パターで打った4打目はカップをオーバーして逆サイドのカラーへ。だが、この4mのパーパットを沈めて「リラックスできた」と、ようやく平静を取り戻す。同組の深堀圭一郎から祝福を受けて、笑顔をのぞかせた。

前半に3オーバーまで落としても、焦燥感はなかったという。「もともと焦るタイプじゃないし、過去のことを考えてもしょうがない。まだ9ホールあると思って、自信をもってやれた」。

待望の初バーディは後半3番のパー5だ。270ydの2打目を3Wで強振し、ピンまで9mに2オン成功。2パットに収めて1つ取り返すと、4番で4mを決めて連続バーディ。さらに8番では、13mのロングパットを沈めて3つ目。最終9番(パー5)では115ydからの3打目をPWで奥からバックスピンで戻し、ピンそば1mにピタリと寄せるバーディで締めくくった。

「疲れちゃうので(息子の組に)付くことはほぼない」と出迎えた父も、「後半に頑張ったので少しホッとした」と安堵した。「16番をクリアできればいいと思っていたけれど、案の定、池だった。こんなもんかな、と思っていたけれど、1アンダーで終えたことに関しては良かったと思う」と、厳しい言葉を投げかけながらも一定の評価。「初めてのトライだし、気負うことなく楽しんでやってほしい」と愛息にエールを送った。(北海道千歳市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 長嶋茂雄招待セガサミーカップ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米オープン
2019年のメジャー第3戦「全米オープン」は13日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。