ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

金井精一、吉川なよ子、故・藤井義将の3氏がプロゴルフ殿堂入り

2018/01/29 16:19

「日本プロゴルフ殿堂」の第6回顕彰者が29日に発表され、故・藤井義将(ふじい・よしまさ)、金井清一(かない・せいいち)、吉川なよ子(よしかわ・なよこ)の3氏が新たに殿堂入りした。

藤井氏はツアー制度施行前の1972年以前に活躍した『レジェンド部門』、金井氏と吉川氏は73年以降に活躍した『プレーヤー部門』で選出された。殿堂入りしたのは、これで計30人となった。

顕彰式は3月23日、ジャパンゴルフフェア会場(パシフィコ横浜)で行われる。

3人のプロフィールと選考理由は以下の通り。

■ 藤井義将 1929年7月1日生まれ(2015年2月26日死去) 福岡県出身

21歳でプロ入り。切れ味鋭いショットで「玄海の荒法師」の異名をとり、1971年に42歳で「日本オープン」制覇。シニア入り後も「日本プロシニア」をはじめ、数々のタイトルを獲得した。九州で多くの後進を育てたことでも知られ、尾崎将司がプロ野球・西鉄ライオンズの選手からプロゴルファーを目指した際、最初に門をたたいた。2004年、文部科学省スポーツ功労者。
【主な成績】
国内23勝

■ 金井清一 1940年7月24日生まれ 77歳 新潟県出身

東京・秋葉原の電器店で働いていたときに覚えたゴルフにのめり込み、やがてプロを目指す。独学で腕を上げ、1965年にプロテストに合格した。初優勝は1972年の「日本プロ」。76年には4人のプレーオフを制して2度目の「日本プロ」制覇。77年には「ワールドカップ」代表に初選出され、個人4位と健闘。団体でも島田幸作とのペアで4位に入った。シニアツアーでは歴代2位となる通算17勝を挙げ、賞金王に93年からの4年連続を含む、歴代最多の5回輝いた。
【主な成績】
国内17勝

■ 吉川なよ子 1949年2月18日生まれ 68歳 北海道出身

19歳で皇子山CC(滋賀県)にキャディとして就職。1972年に23歳でプロテストに合格した。78年には予選会を突破して米女子ツアー参戦。デビュー戦でいきなり2位に入った。翌79年の「日本女子プロ東西対抗」で初優勝。一カ月後には「日本女子オープン」を制した。88年には5勝を挙げて賞金女王の座に就いた。
【主な成績】
国内29勝

関連リンク




特集SPECIAL

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~