ニュース

国内男子SMBCシンガポールオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 SMBCシンガポールオープン
期間:01/18〜01/21 セントーサゴルフクラブ(シンガポール)

石川遼は痛みに負けず 2アンダー発進に満足なし

2018/01/18 20:01


◇国内男子&アジアンツアー◇SMBCシンガポールオープン 初日(18日)◇セントーサゴルフクラブ (シンガポール)◇7398yd(パー71)

大会初出場の石川遼は6バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「69」で回り、2アンダーで2018年最初のラウンドを終えた。開幕2日前に首の右から肩甲骨にかけて痛みが出て、回復を待つ中でなんとかアンダーパー。暫定11位タイで2日目に入る。

初めて訪れたシンガポールの地でも人気は健在だ。午前8時のティオフから多くの日本人ギャラリーが詰めかけた木曜日。石川は出だし10番でのティショットを右サイドに曲げ、2打目もグリーン奥に外してボギーを先行させた。4ホール目の13番では3Wの第1打を右の池に入れ、後退ムードが漂ったところで7mのパットをねじ込んでパーセーブ。14番(パー3)からインで3バーディを奪った。

後半アウトはグリーンを左に外した2番(パー3)をボギーとした直後、3番では3Wでの第1打を左の林、赤杭の向こうに打ち込んでダブルボギー。1オーバーに後退したが、その後、再びバーディを3つ重ねて挽回した。

前日のプロアマ戦を回った直後の首の状態は「50%」程度。すぐにアイシング治療などを施して午後を過ごした。「悪くならなければいいなと思っていたけれど、きょうの朝は10%、20%は良くなった」と言いつつ、この日もラウンド中に患部を触るシーンが散見された。

単純な飛距離は1Wショットのキャリーで285yd以上を記録し、回復の兆しを見せたが、フォロースルーがまだ大きく取れない。それでいて「昨日のハーフスイングの方がスイング自体は良かった。(きょうは)飛ばそうとしたり、力んだりした時にインパクトゾーンがすごくズレた」と、別の悩みも出たので納得していない。「今日はミドルパット、ロングパットが入ってこのスコア」。満足できたのは、残り162ydの第2打を9Iでピンそば3mにつけてバーディを決めた最終9番くらいだった。

「ショットの修正が必要。パットは明日も今日みたいに入るとは限らない。スコアはアイアンとパッティングで作っているので、そこがキーになる」。選手会長としての立場はもちろんだが、アジアの人気選手として、今週はスポンサー関係者への挨拶やメディアへ対応に大忙し。残された短い時間でまずは体調とショットの状態回復に努める。(シンガポール・セントーサ/桂川洋一)

関連リンク

2018年 SMBCシンガポールオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~