ニュース

国内男子SMBCシンガポールオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 SMBCシンガポールオープン
期間:01/17〜01/20 セントーサゴルフクラブ(シンガポール)

「左に行く感じがあった」石川遼はパットに違和感で伸ばしきれず

2019/01/17 20:39


◇国内男子&アジアンツアー◇SMBCシンガポールオープン 初日(17日)◇セントーサゴルフクラブ (シンガポール)◇7403yd(パー71)

選手会長2年目の石川遼は5バーディ、3ボギーの「69」でプレー。2アンダーの暫定22位で2019年最初のラウンドを終え、「よくこのスコアで回れたと思う。内容的には良くなかった」と不満を口にした。

午前8時、前年覇者で2017年マスターズチャンピオンのセルヒオ・ガルシア(スペイン)と同組でインからスタート。多くの日本人ギャラリーが詰めかけた。石川は出だし10番でティショットを右サイドに曲げバンカーに入れたが、2打目をピンの左2mにつけバーディを先行させた。

前半13番ではトラブルに見舞われる場面があった。3Wで放ったティショットは池が待ち構える右方向へ。ボールは池の手前20cmほどの場所で、池に浮く看板を支えるロープの束の中に入って止まった。「ロープのかたまりがなければ池まで行っていたと思う。あれは非常にラッキーだったなと思います。動かせる障害物ということで救済措置を受けました」と自らロープが結ばれる杭を抜き、2打目をグリーン左奥まで運びパーとし、九死に一生を得た。

3アンダーでハーフターンすると、2番(パー3)でグリーン右から15ydをねじ込みチップインバーディとし、一時はトップに立った。3番でこの日初めてボギーを喫したが、続く4番(パー5)でピンの左奥から5mのスライスラインを流し込みバウンスバックした。

しかしそこから「つかまり気味で、狙ったところより左に行く感じがあった」とパットに違和感を覚えた。7番(パー5)では2mのフックラインのパーパット、最終9番では1.5mのパーパットをいずれもカップ左に外し後退した。「少し気になる点はあるので、定かではないんですが練習で確かめたい」とあすにそなえる。

「ムカつくというか、イラっとくる、悔しい終わり方だった」。それでも「足元を見つめられるいい終わり方だったと思います」と若き選手会長はきょうもポジティブだ。(シンガポール・セントーサ/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 SMBCシンガポールオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。