ニュース

国内男子HEIWA・PGM CHAMPIONSHIPの最新ゴルフニュースをお届け

「僕らが頑張ると盛り上がらない」練習しない49歳、手嶋多一が1打差2位

2017/11/03 19:06


◇国内男子◇HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 2日目(3日)◇PGMゴルフリゾート沖縄 (沖縄)◇7005yd(パー71)

手嶋多一が5バーディ、ノーボギーの「66」でプレーし通算7アンダーで1打差の2位。2015年の「~全英への道~ミズノオープン」以来となる9度目の優勝へ好位置につけた。

「前半はティショットがシビアなので慎重にいき、後半はもうボギーでいいやと思ったのが、バーディになるラッキーなパットがあった」と13番(パー3)、15番で沈めた5mのバーディパットを振り返った。後半インはわずか10パットと小技が光った。

ツアーデビューは1994年の「ミズノオープン」。49歳の大ベテランは現役を長く続ける秘訣について「練習しないことですね。あとケガもしない。目立たない」と笑った。スタート前の約1時間前に会場入りし、ティオフ前の練習場で過ごす時間もわずか。ホールアウト後もそのまま車に乗り込んだ。「ホテルの部屋でパターの練習をするぐらいです。神経質なので練習をやりすぎると疲れるんです」。マッサージも受けず、風呂も短い。午後8時にはベッドに入り、午前2時には起床するリズムを守る。

先週の「マイナビABC選手権」では、同じミズノプロスタッフである27歳の小鯛竜也が優勝したが「もっと若い人たちに頑張ってもらわないといけない。僕らが頑張ると盛り上がらないので。とはいえ若い人が頑張っていると僕らも刺激になる」と表情を引き締めた。

プロ初Vは「ファンケル沖縄オープン」(1999年)と沖縄との相性もいい。「どうしようということもありませんが、そのホール、そのホールでやっていくしかない。難しいコースなのでなるべくボギーを打たないようなゴルフでやりたい」と達観した表情で決勝ラウンドを見すえた。(沖縄県恩納村/玉木充)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。