ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

SMBCシンガポールオープン
期間:01/28~01/31  場所: セントーサゴルフクラブ(シンガポール)

これが世界一の実力 宮里優作は同組のスピースに感嘆

スピースと同組でプレーした宮里優作はレベ スピースと同組でプレーした宮里優作はレベルの高さを肌で感じた

日本男子ツアーとアジアンツアーの2016年初戦「SMBCシンガポールオープン」は28日、開幕した。宮里優作は世界ランキング1位のジョーダン・スピースと同組でプレー。自身は「71」(パー71)で回り暫定37位で発進したが、「67」として首位に1打差の暫定3位で滑り出した若き王者に、さっそく舌を巻いた。

大ギャラリーを引き連れたグループのスタートホールの10番。宮里が10mのバーディパットを見事に沈めたそのすぐあと、スピースは奥からいとも簡単に6mをねじ込んだ。しかし、その後のバーディは3つのパー5で淡々と2オン2パットを並べただけ。特別なプレーがなくとも、ノーボギーで上位発進。だからこそ、一緒に回れば“凄み”を肌で感じた。

「すべての番手のスキルが高いが、特にドライバーが素晴らしい」と宮里。池が絡むホールが多くあるが、迷いなく振り切る姿に驚いた。「『このホールもドライバーで打つのか』というところも多かった。最初はドライバーの練習をしているのかなと思ったくらい」。

技術的なレベルもさることながら、コースマネジメントにも感嘆した。スピースにとっては初めてのシンガポールとあって「手前から、手前からと丁寧なゴルフをしていた。奥には行かないようにと」と、第1ラウンドに適した安全なプレーを展開。

持ち味であるパッティングも、優れた判断力とショットがあるからこそだという。「特にパッティングのタッチは素晴らしい。よく1日でグリーンの感覚をつかむなあ…。ただ、彼は(ショットの段階で)ややこしいところにつけていない。常に上りを残せるようなポジションに、本人も分かってショットしているんだと思う」。派手さを凌駕する確実な技術。世界NO1プレーヤーは、アジアでもその力を披露してくれそうだ。(シンガポール・セントーサ/桂川洋一)


特集SPECIAL

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~