ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

SMBCシンガポールオープン
期間:01/28~01/31  場所: セントーサゴルフクラブ(シンガポール)

スリータックはどこへ? 池田勇太がイメチェンでシーズンイン

2016/01/27 18:23

ノータックのスリムなパンツでシーズンイン。池田勇太は悲願の賞金王へ

見る人が見れば、びっくりのイメチェンだ。国内男子ツアーとアジアンツアーの共同主管競技「SMBCシンガポールオープン」で2016年の初戦を迎える池田勇太が、会場のセントーサゴルフクラブで、新たなコーディネートを披露している。

昭和の香りを漂わせる、お馴染みのスリータックパンツはいずこへ。池田はシンガポールで、ノータックの濃紺パンツをすらりと着こなしていた。現在、今季以降のウエア契約を複数のメーカーと交渉中。「30歳にして気持ち新たに…というところかな?(笑)まだテストではいている。はいてみて分かることもある」。決断の時期は未定だが、まずは次週「レオパレス21ミャンマーオープン」まで同様のスタイルで臨むという。

池田といえば太ももに余裕たっぷりの3タックパンツがトレードマークだった ※撮影は2015年「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」初日

昨年まで3年におよんだ選手会長の責務から解放されても、試合数増加に向けたスポンサー探しなど、ツアー再興にかける思いは変わっていない。「会長の座は引いたわけですが、自分自身には“引き続きの案件”がある。うまく続けられるようにやっていきたい」と話す。

ツアー通算13勝、初勝利を挙げた2009年から7年連続で優勝している名手にとって、初の賞金王戴冠は至上命題とすらいえる。「もうずっと、何年も同じ目標を立ててきた。賞金王、最多勝…。その目標を達成させるまでは何も変わらない。勝つ回数、上に行くことにこだわってやっていきたい」。たとえ装いが変わったとしても、目指す先は同じだ。(シンガポール・セントーサ/桂川洋一)


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~