ニュース

国内男子SMBCシンガポールオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 SMBCシンガポールオープン
期間:01/28〜01/31 セントーサゴルフクラブ(シンガポール)

ジョーダン・スピースと小林伸太郎が暫定3位発進

◇国内男子&アジア共同主管◇SMBCシンガポールオープン 初日◇セントーサゴルフクラブ(シンガポール)◇7398yd(パー71)

国内男子ツアーの2016年シーズン初戦で、早くも世界ランク1位が上位を賑わせた。10番から出たジョーダン・スピースが4バーディ、ノーボギーにまとめる「67」でプレー。5アンダーで暫定首位に立つキース・ホーン(南アフリカ)、ベリー・ヘンソン(米国/17H終了)に1打差の4アンダー暫定3位タイで、好スタートを切った。

スピースと同順位で並ぶのは、昨季欧州ツアー新人王のアン・ビョンフン(韓国)、ナムチョーク・タンティポカクル(タイ/14H終了)、小林伸太郎(12H終了)の3人。小林は後半3番までに6バーディ、2ボギーとし、日本勢最上位につけている。

ほかの日本勢では、谷原秀人が3アンダーの暫定7位でホールアウト。1アンダーの暫定21位に、いずれもホールアウトした池田勇太貞方章男のほか、川村昌弘(17H終了)、高山忠洋(14H終了)が続く。

スピースと同組の宮里優作キム・キョンテ(韓国)は、それぞれイーブンパーの暫定37位、2オーバーの暫定78位でホールアウト。藤田寛之も2オーバーで第1ラウンドを終えた。

競技は雷により午後5時15分から約1時間の中断。再び雷雲が接近した同6時39分にサスペンデッドとなった。第1ラウンドの再開は2日目の午前7時30分。第2ラウンドのスタートは同8時10分を予定している。

関連リンク

2016年 SMBCシンガポールオープン




特集SPECIAL

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~