ニュース

国内男子ブリヂストンオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

【スネデカー密着レポート(その3)】

大会3日目、ホールアウトしたブラント・スネデカーのキャディ、スコットに話し掛けた。「今日は67、65くらいのスコアでは回れたね?」「Easily(簡単にね!)」

昨夜から今朝にかけて降った雨の影響で、コース整備のためスタート時間は1時間40分遅れの11時10分に変更された。朝には雨はやみ、昼過ぎまではほとんど無風。グリーンも軟らかく、スコアを出すには絶好のコンディションとなった。

スネデカーは1番を無難にパー発進とすると、2番で下り3m、3番でも同じ距離のバーディチャンスを迎えるが、これを決めきれない。昨日に続いてパットに苦戦していたが、5番(パー3)でグリーン奥に切られたピンを果敢に攻めて、2.5mにつけてバーディ奪取。勢いに乗って、続く6番でも下り1.5mのバーディチャンスにつけたが、このパットは無情にもカップの脇をすり抜けた。

難易度の高いアウトコースだが、フェアウェイキープ、それにパーオン率は前日よりも上昇し、危なげないゴルフを見せる。9番パー5でバーディを奪って前半を通算5アンダーで折り返した。

さらにスコアを伸ばしたいインコースだったが、後半は2つのミスを犯してしまう。13番ではバンカーから80cmに寄せたパーパットがカップに蹴られ、17番(パー3)ではグリーン手前のラフからのアプローチを大きくショートして共にボギーとしてしまう。15番、16番とバーディを奪ったものの、スコアは変わらず5アンダー。4バーディ2ボギーの「69」で回り、首位と4打差の10位タイで最終日を迎えることとなった。

「グリーンまでは良いんだけど、ショートゲームがね・・・」とスネデカー。ホールアウト後はパッティンググリーンで2m、3m、4mの同じラインのパットを順番に行うなど、調整につとめた。問題はタッチとストロークのコンビネーション。この日はグリーン上にチョークでラインを引き、パターにレーザー発信器をつけてフェースの向きをチェックするなど、3日間で一番細かな練習を行った。(といっても時間にして30分弱だが・・・)

米国と比べてフライヤーしやすいラフや、より芝が長くクリーンにコンタクトしづらいグリーンエッジなど、細かな違いはアジャストしていかないといけない。それでも、ショットは尻上がりに調子を取り戻し、幸い上のスコアも伸びてはいない。「明日5アンダーで回れれば」と優勝争いも当然視野にいれている。(千葉県千葉市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 ブリヂストンオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。