ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

田島創志、尾崎健夫、桑原克典らが来年に繋がる結果を残す! トップ通過は岩崎幸司

茨城県にあるセントラルゴルフクラブ西コースで行なわれている、国内男子2006年度「クォリファイングトーナメント」の決勝ラウンド最終日。岩崎幸司が前日からのトップを守り、通算21アンダー、トータルスコア「411」でトップ通過を果たした。

岩崎はこの日も好調なプレーを続け、最終的にはスコアを4つ伸ばすことに成功。2位となった海老根文博を4打差で振り切った。

<< 下に続く >>

注目選手では、田島創志が9アンダー、トータルスコア「423」で24位。 尾崎健夫桑原克典も8アンダー、トータルスコア「424」でフィニッシュし、尾崎が26位、桑原が27位とまずまずの結果を残している。

ところが芹澤信雄宮瀬博文の2人はスコアを1つ伸ばしたものの、通算4アンダー、トータルスコア「428」で順位を上げられずに競技を終了。宮瀬は49位、芹澤は51位と2007年度のトーナメントを戦う上で厳しい状況となった。そのほかでは、米山剛も通算3オーバー、トータルスコア「435」で91位に沈んだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!