最近のニュース 新着一覧≫


2019/04/11金秀シニア 沖縄オープンゴルフトーナメント

手嶋多一と桑原克典がシニアデビュー/国内シニア開幕戦

、同2勝の桑原克典。手嶋は昨年10月、桑原は前週の4月4日に50歳になった。両ルーキーの初陣に注目だ。 倉本昌弘・日本プロゴルフ協会会長、2018年賞金ランキング2位の鈴木亨、川岸良兼、井戸木鴻樹らも出場する。
2019/04/19ノジマチャンピオンカップ 箱根シニアプロゴルフトーナメント

秋葉真一が4勝目 シニアデビューの深堀圭一郎は35位

プレー、通算9アンダーで逆転優勝を果たし、2016年に続く大会2勝目を挙げた。今季初勝利で17年以来のシニアツアー通算4勝目。 1打差の2位に桑原克典。通算7アンダーの3位タイにグレゴリー・マイヤー
2019/04/18ノジマチャンピオンカップ 箱根シニアプロゴルフトーナメント

エージシュートの63歳・伊藤正己が首位発進 「62」で最少記録更新

。「エージシュートをこんなに早くできるなんて、飛び上がるくらいうれしかった。夢にも思わなかった。明日(スコアが)バラバラになってもいい」と喜びを爆発させた。 5アンダー2位に岡茂洋雄、桑原克典、キム
2016/09/22アジアパシフィック ダイヤモンドカップ

47歳の初体験 桑原克典の語る幸せとは?

桑原克典。47歳のベテランが4バーディ、2ボギーの「68」をマークし、2アンダーの12位タイと上々のスタートを切った。 2010年を最後にシードから漏れ、低迷が続く。今大会は、今季の4試合目の
2015/04/18東建ホームメイトカップ

選手コメント集/東建ホームメイトカップ 3日目

、ムリはしない。今日もストレスなくできました。ガツガツしなくても、普通にやっていれば行ける感じです」 ■桑原克典 5バーディ「66」 通算8アンダー6位 「このコースはグリーンが硬くて苦手意識があった
2015/04/04Novil Cup

矢野東が首位・朴を猛追!1打差2位へ/「Novil Cup」2日目

から首位を守るパク・イルファン(韓国)を1打差に追い上げた。 通算8アンダーの3位に続くのは、小鯛竜也、リー・ウォンジョン(オーストラリア)、ナムチョーク・タンティポカクル(タイ)の3選手。内藤寛太郎、桑原克典らが通算7アンダーで続いている。 競技は3日間54ホールで争われ、明日が最終日となる。
2015/04/12GDOEYE

激戦の三つどもえ!現役最強キャディは誰?

。 ちなみに、森本キャディはこの優勝でツアー通算25勝目となる。アン・ソンジュとのコンビで15勝を挙げ、谷口徹と4勝、近藤共弘と3勝、桑原克典、金ナリ、今回の成田で各1勝という内訳だ。 25勝は、現役
2015/04/18東建ホームメイトカップ

悲願の初優勝へ 山下和宏、片岡大育が2打差2位で最終日へ 首位はH-W.リュー

4選手が並んだ。 続く8位グループは、さらに2打差の通算6アンダーで桑原克典、重永亜斗夢ら。昨シーズン賞金2位の藤田寛之は、最終ホールのダブルボギーが響いて通算4アンダー15位集団。昨季賞金王で今大会2勝の小田孔明は、4バーディ3ボギー1ダブルボギーの「72」で、通算1オーバー58位へと後退した。
2015/04/03Novil Cup

国内男子チャレンジ開幕戦 初日首位は韓国の新鋭

打差の4位に桑原克典、額賀辰徳、秋吉翔太、姜志満(韓国)、N・タンティポカクル(タイ)の5人が並んでいる。 昨季のレギュラーツアーでシードを失った矢野東(昨季賞金85位)、井上信(同91位)は3アンダーで9位集団。横尾要(同118位)は横田真一らとともに1オーバーの64位と出遅れた。
2013/11/07GDOEYE

ベテランが経験した格差社会 桑原克典

レギュラーツアーの本戦出場権を獲得できる特典がある。桑原克典は10月に「HEIWA・PGM Challenge III ~ Road to CHAMPIONSHIP 2013」を制覇。そして7日(木)に
2013/11/10GDOEYE

上がり3ホールで失速…桑原克典は悔しい8位

茨城県の美浦ゴルフ倶楽部で開催された「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP in 霞ヶ浦」の最終日。連日主役級の活躍を見せたベテランの桑原克典は、最大瞬間風速9.2メートルの風が吹き荒れた中
2014/11/08HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP in 霞ヶ浦

近藤共弘が首位浮上 2打差で谷原秀人ら3人 石川遼は34位

アンダーの7位に賞金ランキングトップの小田孔明と桑原克典。冨山聡、谷口徹、宮本勝昌ら5人が8アンダーの9位タイで並んでいる。 第1組で出た石川遼は、7バーディ4ボギー1ダブルボギーと出入りの激しいゴルフ。1ストローク伸ばし、通算3アンダーの34位タイで3日目を終えた。
2014/09/26elite grips challenge

西裕一郎が4人のプレーオフを制す/チャレンジ 最終日

た混戦は、通算9アンダー首位タイでホールアウトした西裕一郎、桑原克典、正岡竜二、佐藤信人の4人によるプレーオフに突入した。1ホール目(18番パー5)でただ1人バーディを奪った西がこれを制し、プロ初