ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

佐伯三貴 私がプロになろうと思った瞬間

2004年、広島県の広島CC八本松コースで開催された日本女子オープン

アマチュアとして出場した佐伯は、初日「84」、2日目は盛り返して「75」を記録したが、通算15オーバーであえなく予選落ちしてしまう。その試合を見に来ていた祖父は、2日目に奪ったバーディを事のほか喜んでくれたという。しかし、それが祖父に自分の試合を見せる最後の機会になろうとは、その時は思いもしなかった。

―― おじいさんはどんな人だったのですか?

「すごく感情豊かな人で、泣いたり笑ったりが激しかったです。私が勝ったら、泣いたりしてくれて。私が頑張ると一番喜んでくれたし、私のことをいつも応援してくれましたね」。

<< 下に続く >>

―― おじいちゃん子だった?

「そんな事はないですよ。おばあちゃんも平等に(笑)。おじいちゃんはゴルフが大好きだったから、いつもゴルフのことで喧嘩しましたね。小学校・中学校と練習場に連れて行ってくれたのは、おじいちゃん。私が練習している間、おじいちゃんはゴルフショップで待っていてくれて。今思うと、おじいちゃんの存在は大きかったです」。

その祖父も、3年前に帰らぬ人となってしまう。それまでは、ゴルフで稼ぐ自信も無く、結婚でもして家庭に入ろうと漠然と思っていた佐伯だったが、一番の理解者を失った時、彼女の中である変化が起きた。

「あの時ですね、私がプロになろうと思った瞬間は。おじいちゃんは私の頑張る姿を一番見たがったし、私も見せてあげたかった。死んだことによって、私の晴れ舞台を見せてあげられなかったけど、死んじゃったけど、今からでも遅くない。頑張ろう。そう思ったのが、プロを目指す最大のきっかけでした」。

今年4月。「フジサンケイレディス」2日目を終え、首位と2打差の2位タイにつけた佐伯は、
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!