ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

諸見里しのぶ 「全米女子オープン」プロになって初めて勝ちたいと思いました。

「左打ちをやってみなよ」当たりもしなかったです…

―― 昨年は日米両ツアーのシード権を獲得し、日本ではプロ初優勝も挙げましたが、慣れない移動など苦労したことも多かったのではないですか?

「はい、大変でした(笑)。でも、プロの試合に出始めてからは毎年大変です。どちらかというと、ゴルフ以外の事で苦労している方が多いですね。週刊誌に叩かれたり、マネジメントの事だったり…。毎年スケールアップして、色んな事件が出てくる感じですね(笑)」。

―― そういった事は、ゴルフにも影響する?

「それはないです。去年も今年もゴルフにおいて大きな変化はないですね。慣れる事もないですが、それを受け入れる事は出来る様になりました。注目されるからこそ噂も一人歩きしちゃうし、今はそういう事を言われない為にも、自分で何が出来るかを考えられるようになりました」。

<< 下に続く >>

―― では、これまでのキャリアの中で、ゴルフの転機となったことは?

「中学2年の時に、(今のコーチの)江連(忠)さんに出会ったことです。当時、沖縄で片山晋呉さんがジュニア向けのレッスン会をやっていて、友達に誘われて行きました。そこで初めて江連さんに会いました」。

―― 初めて会った時の印象は?

「申し訳ないのですが、当時は片山さんの事しか知らなくて…。たまたま、江連さんに見てもらう事になったのですが、『スイングが綺麗だね』って褒めて頂きました。そしたら突然、『左打ちをやってみなよ』と言われ、やってみたら当たりもしなくて…。『これが出来ないとプロになれないよ』って言われたのが新鮮で、印象に残っています」。

―― 江連さんに出会って、何が変わりましたか?

「ゴルフの技術もそうなんですけど、出会ったことによって、さらに色んな人と出会うことが出来ました。片山さん、伊澤さん、星野さん、今野さん…、それまで男子プロとは接点の無い環境だったのですが、一気に交流の持てる場に行かせて頂いた。当時は(男子プロと合同の)合宿に行っても練習をさせて貰えず、走っているかバット打ちをしているかで、それ以外は後ろで見て勉強するって感じでした。でも、その期間が一番変わった時期だと思います」。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!