ニュース

米国男子ドイツバンク選手権の最新ゴルフニュースをお届け

絶好調のステンソンが待望の勝利

欧州男子ツアーの賞金王争い「レース・トゥ・ドバイ」でトップを走るヘンリック・ステンソン(スウェーデン)が、TPCボストンで開催された「ドイツバンク選手権」で、待望の今季初優勝を果たした。

ここ最近の見事なパフォーマンスを見ていれば、ステンソンが欧州・米国いずれかのツアー大会で近いうちに優勝をつかむことは確実だった。

<< 下に続く >>

最終日の2番でいきなりボギーを叩いたステンソンは、イン、アウト共に2時間の雷雨による中断をものともせず、4番からの3連続を含む6バーディで立て直した。

スティーブ・ストリッカーが苦しんだ17番では、今週初めてバンカーに落としてしまったが、ステンソンは見事なパフォーマンスを見せ、ピンチをしのいだ。

最終日を「66」でホールアウトしたステンソンは、通算22アンダーまでスコアを伸ばし、昨年11月のセレンゲティGCで行われた欧州ツアー「南アフリカオープン選手権」以来の優勝を手にした。

今回の優勝でステンソンは「レース・トゥ・ドバイ」のみならず、「フェデックスカップポイント」争いでも先頭に立った。

ストリッカーは「67」でホールアウトし、通算20アンダーで単独2位。3位のグラハム・デリュー(カナダ)に2打差をつけた。彼らはいずれもラスト2ホールでバーディを奪った。

アメリカの若手スター、ジョーダン・スピースは、それ以上のフィニッシュを決めた。15番から3連続バーディを決めると、仕上げは最終ホールでイーグル。「62」という素晴らしいスコアで、通算17アンダーとしたスピースは、マット・クーチャーケビン・スタドラーセルヒオ・ガルシア(スペイン)らと並んで4位タイに食い込んだ。

昨日までの2打差のリードを、5ボギーの「73」という結果で失ってしまったガルシアにとっては、なんとも残念な最終日となってしまった。

イアン・ポールターは、順調だった今週の締めくくりとなる最終18番でダブルボギーを叩いてしまい、通算15アンダーの9位タイ。「全米オープン」王者のジャスティン・ローズに2打差をつけて終わった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ドイツバンク選手権

GDOアマチュアゴルフトーナメント

エントリー受付け中!2013 GDOアマチュアゴルフトーナメント
5クラスからレベルに応じて選べる個人戦、気の合う仲間と楽しく参加できるチーム戦、息の合ったチームワークが鍵となるペア戦、それぞれエントリーを受付け中!他にも世界大会出場ペア決定予選会や競技初心者向けイベントなどを開催いたします。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!