ニュース

米国男子ドイツバンク選手権の最新ゴルフニュースをお届け

あれから1年、ドイツバンク選手権に挑むマキロイ

ロリー・マキロイ(北アイルランド)にとって、12ヶ月前は、12年も前のことのように感じているかもしれない。

昨年のこの時期、彼は「ドイツバンク選手権」と「BMW選手権」で連続優勝を達成した。記録的な快挙を成し遂げ、まさに彼は文字通り、世界のトップに君臨していた。

<< 下に続く >>

しかし、今週TPCボストンに到着したマキロイは「シーズンを乗り切ること」だけをシンプルに臨んでいるようだ。

今年のマキロイは、ナイキ・ゴルフの“次世代の顔”として大きく紹介されながらシーズン開幕を迎えた。しかし、アブダビでは予選落ち、WGC アクセンチュアマッチプレー選手権は一回戦で敗退、ザ・ホンダクラシックではラウンド途中に棄権――。後で彼は、精神的に(あるいは歯の痛みで)良い状態でなかったことを認めた。

疑いようのない才能を持つ彼は、若干の時代遅れと言われながらも重めの負荷をかけるウェイト・リフティングで身体をいじめながら、「WGC キャデラック選手権」、「バレロテキサスオープン」、「ウェルズファーゴ選手権」、「ザ・プレーヤーズ選手権」でトップ10入りを果たし、復調したかに見えた。しかし、彼はそれでも、1年前の好調だった頃と同様にはプレーできていなかった。

2012年の米国ツアーシーズンの最初の3試合で、マキロイがトップ3圏外で終わることは1度もなかった。そして「ザ・ホンダクラシック」でタイガー・ウッズを抑えて優勝すると、彼の名は世界のトップのプレーヤーとして、ウッズに代わって世界1位にランキングされた。

まだ若いマキロイにとって、それはあまり馴染みのないポジションだったろうが、8月と9月の4試合で3勝を上げた彼は、確固たる地位を固めた。その間の5大会で、彼はトータル62アンダーを記録した。

今週の月曜日に発表された最新のランキングで、マキロイは、ウッズ、アダム・スコット(オーストリア)、フィル・ミケルソンに次いで世界第4位にランキングを落とした。マキロイは直近の5大会で、通算20オーバーと振るわない。「バレロテキサスオープン」以降は、日曜の午後の優勝争いにさえ加わっていない。

マキロイは、ゴルファーとしてのキャリアの序盤(そう、我々は彼がまだほんの24歳であることを忘れてはならない)に、最高の時を楽しんだ。ロープ内での逆境や、世間から見続けられることに直面したことはなかった。今年は、最悪の時を過ごしているようにみられる。道具の変更、マネジメント会社の変更、弾むように上機嫌なときや、時々不安定で不機嫌な時や……。そして噂された、交際相手との状況の変化について(後に真実でないことは分かった――彼は今も幸せそうにテニス界のスター、キャロライン・ウォズニアッキと交際を続けている)延々と質問攻めに合ってきた。

それは3年前にマーティン・カイマーが陥ったのとほぼ同じように、自信喪失とイライラが重なりながら、マキロイから彼の自信を少しずつ奪い取っていった。

マキロイの名は、2010年の全米プロゴルフ選手権で勝利を上げた直後の「ドイツバンク選手権」から世界ランク1位に躍り出た。しかし、彼はそのスポットライトを不快に感じた。そしてすべてを引きずってしまった彼は、コース上でもコース外でも、不快感を拭えずにいた。

「ゴルフだけの人生なんて、ないはずさ。そうだろ?」と、カイマー。「人生に占めるゴルフなんて、ほんの小さな部分なはずだ。人生は成功した時に、変わっているものさ」。

「邪魔が入ると、自分の焦点を少し見失ってしまうもの。ゴルファーは1日の終わりには、ゴルフボールとクラブだけを持って、プレーに専念しているべきなのさ。ゴルフはただのゲームのはずなのに、たくさんの人がプレッシャーをかけてくる。だから、何のためにゴルフをするのか、その意味と姿勢を少し見失ったことがあった。あれは、楽しいものではなかったね」。

願わくば今週、TPCボストンの地へ再び戻ってきたマキロイ(カイマーと違って若くしてスターダムの試練に直面してきた彼は、同時に葛藤とも戦ってきた)が、復活の兆しとなる何かのスパークを手にして欲しいものだ。

1年前、3日目と最終日に続けて「67」を記録したマキロイは、ルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)に1打差で勝利した。今回、もし彼が優勝するようなこととなれば、それは彼にとって2,500フェデックスカップポイントよりも、更に大きな価値あることとなるだろう。

「これからの残りの大会では、何か良いものを獲られる機会があるといいね」と、マキロイは言った。

復調の兆しも、ある。

マキロイは、オークヒルで開催された全米プロゴルフ選手権で8位タイに入った。2大会連続でメジャー大会の予選落ちを免れるため、第2ラウンド終盤の7ホールで4バーディの猛チャージを見せた。2日後、彼は首位から6打差につけて最終日に挑んだが、不安定なスタートを切った 。しかしマキロイは、トップ10よりも大切な何か―自信―を取り戻すため、終盤の13ホールで3バーディをマークして、復調した。

先週の「ザ・バークレイズ」では、マキロイは19位タイになり、2日目には「65」を出すなど、彼の奥深くに眠る潜在能力の高さをキラリと示した。

2ケ月前と現在の状態を比較してどうか、と聞かれたマキロイは、「ずいぶん良くなったよ」と、答えた。「ボールをコントロールできるようになりつつある。今はまだ、昨年の今頃のように完全にコントロールできる程ではないけれど、でも、いい試合さえできれば、残りの数試合は、上位争いに加わるには十分なくらいのコントロールは戻ってきてると思うんだ」。

注目したいのは、特に今週だ。

TPCボストンは、マキロイのようにキャリーで300ヤードもボールを運べる選手にとっては、好都合なコースだ。

「自分が優勝したトーナメント開催地に戻ることは、いつだって、ポジティブな気持ちにしてくれるし、気分良く迎えてくれる」と、マキロイ。彼はさらに、バカげた小さなメンタルエラーには気をつけたい、と付け加えた。「僕が獲得した2つのメジャータイトルについては、どこか違う場所へ戻って来たような、そんな気がして、“タイトルを守る”っていう感じがしなかったんだ。このゴルフコースは、相性も良いしね」。

マキロイが自ら切り出した、小さなメンタルエラーは、今季のラウンド中にしばしば見受けられたが、それは昨シーズンのマキロイには、なかったものだ。

1年前、彼のスクランブリングは33位で、バウンスバックでは58位だった。今シーズンはそれぞれ、155位と123位だ。

優勝のカギを握るとされる75~150ヤードからのGIRも、いまひとつだ。例えば今シーズンの125~150ヤードからのGIRは184位で、昨年の46位と比べると、大幅に下落しているのが分かる。

それらすべて重なって、彼のパッティングにプレッシャーを与えて来たのだ。言わずもがな、パッティングとは、ゴルフの中で最ももろい部分だ。

しかしマキロイにとって、これらの些細な問題は、深刻な問題ではない。彼はいま、1年前に誰もが惚れぼれした、あの頃の彼に少しずつ戻りつつある。彼は顔を上げ、胸を張っている。そして何より、彼の表情に笑顔が戻ってきた。

「僕は、勝利を求めているんだ」と、マキロイ。「ここ何週間かはとても大事だ。もし1つでも良い終わり方ができれば、ツアーチャンピオンシップに進むことができる。そこから先は、何が起こるのか、誰もわからないからね」。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 ドイツバンク選手権

GDOアマチュアゴルフトーナメント

エントリー受付け中!2013 GDOアマチュアゴルフトーナメント
5クラスからレベルに応じて選べる個人戦、気の合う仲間と楽しく参加できるチーム戦、息の合ったチームワークが鍵となるペア戦、それぞれエントリーを受付け中!他にも世界大会出場ペア決定予選会や競技初心者向けイベントなどを開催いたします。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!