ニュース

米国女子アサヒ緑健インターナショナル選手権 at Mount Vintageの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 アサヒ緑健インターナショナル選手権 at Mount Vintage
期間:05/08〜05/11 場所:マウントビンテージPGC(サウスカロライナ州)

片野志保が2アンダー13位の好スタート!

2003年米国女子ツアー第8戦「アサヒ緑健インターナショナル選手権 at Mount Vintage」が、サウスカロライナ州ノースオーガスタにあるマウントビンテージPGCで開幕した。この大会は日本の企業が主催しているため、今年も3名の日本選手が招待出場している。

その中の1人、片野志保が好スタートを切った。インコースかたスタートした片野は、11番でボギーが先行してしまったが、13、16番でバーディを奪い、アンダーパーグループに加わると、後半も3つのバーディを積み重ね4アンダーまで伸ばした。この時点でリーダーボードに名前を掲げていた。しかし、終盤の上がり2ホールで連続ボギーを叩き2アンダーで初日のラウンドを終えた。それでも順位は13位タイ、明日以降もこの調子でスコアを伸ばしてもらいたい。

<< 下に続く >>

初日首位に立ったのはソフィー・グスタフソンとロジー・ジョーンズの2人。6バーディ、ノーボギーでラウンドしたグスタフソンとは対象的に、ジョーンズは1イーグル、6バーディ、3ボギーとアグレッシブなプレーぶりだった。

単独3位は5アンダーのパット・ハースト。そして4アンダー4位グループに新鋭のロレーナ・オチョアが食い込んだ。先週も最後まで優勝争いに絡んだオチョアが、早速今週も上位につけた。今週は女王アニカ・ソレンスタムが日本ツアーの出場しているため不在。だれもがチャンスだと思って試合に臨んでいるようだ。

その他の日本勢は、アウトコースを7時30分のトップ組で元気良くスタートした小俣奈三香が、スタートの1番でボギーを叩いてしまった。しかし、その後は6番もボギーにするが12番でバーディを奪い1オーバー61位で踏ん張っている。

東尾理子は10番ホールからスタートし、10、13番でボギーが先行。そして17番から2番ホールまで4連続ボギーを叩くと、3番パー3ではダブルボギーのオマケつき。7番パー3で初めてバーディを奪ったが焼け石に水、7オーバー138位と取り返しが利かないほど出遅れてしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 アサヒ緑健インターナショナル選手権 at Mount Vintage




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!