ニュース

米国女子ミケロブライトオープン at キングスミルの最新ゴルフニュースをお届け

グレース朴がカリー・ウェブの追撃から逃げ切った!!

2003年米国女子ツアー第7戦「ミケロブライトオープン at キングスミル」が、バージニア州ウィリアムズバーグにあるキングスミルS&Pで開催された。2日目に首位に立った韓国のグレース朴が、通算9アンダーで今シーズンの1勝目を挙げた。

3日目に9アンダーまで伸ばし単独首位に立ったグレースは、最終日最悪のスタートを切った。1番でダブルボギー、2番はボギー、そして4番でもボギーを叩き、優勝争いから脱落したかと思われた。しかし、5番から7番ホールまで3連続バーディを奪い息を吹き返した。そして終盤の15、16番で連続バーディを奪いスタート時の9アンダーに戻し、2位に1打差で逃げ切ることができた。

グレースに最もプレッシャーを与えたのは、最終日に4ストローク伸ばし8アンダー2位に入ったカリー・ウェブだ。13番ホールからの3連続バーディで首位に立ち、キャリアの差を見せ付ける勢いだった。しかし、勝負どころの上がり3ホールでスコアを伸ばせず優勝を逃した。

そして、初日に6アンダー単独首位に立った新人のロレーナ・オチョアも大健闘だった。3日目に6アンダー3位に後退したが、最終日は序盤からバーディを積み重ね、7番ホールで9アンダー単独首位に立った。そのままスコアを伸ばす勢いだったが、8番でボギーを叩くと、その後はパーのオンパレード。1打差で初優勝は逃してしまったが、米ツアーで十分に活躍できることが証明された。

最終日、ウェブがスコアを伸ばしたが、優勝候補で米ツアーのトップを争うアニカ・ソレンスタムは6アンダー6位、2週連続優勝を狙った朴セリは、スコアを1つ落とし4アンダー8位止まりだった。
日本の福嶋晃子も優勝を狙える展開だった。2日目に首位と1打差の3位に浮上した福嶋だが、3日目に13位まで後退し。最終日はイーブンパーで3アンダー12位となった。

小林浩美は最終日に78を叩く大乱調で、通算11オーバー66位で競技を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 ミケロブライトオープン at キングスミル




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。