ニュース

国内シニア富士フイルム シニア チャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

高額大会で賞金レースも最終局面 伊澤利光は2戦連続Vなるか

◇国内シニア◇富士フイルム選手権 事前情報(6日)◇江戸崎カントリー倶楽部(茨城)◇7070yd(パー72)

「富士フイルム選手権」が開場55年を迎えた茨城県の江戸崎カントリー倶楽部で7日(木)、開幕する。賞金総額7000万円(優勝賞金1400万円)と高額賞金が懸かる大会の前日には、大会名誉会長の松井功、2週前の「福岡シニアオープン」で優勝を飾った伊澤利光、ツアールーキーの深堀圭一郎、前年大会覇者のバリー・レーン(イングランド)が会場で行われた会見に出席した。

パー71に設定された前年大会は、欧州ツアー5勝のレーンが最終ラウンドを8バーディ、1ボギーの「64」で回り、通算10アンダーで日本シニアツアー初優勝を飾った。レーンは「去年、練習ラウンドの後に、妻に『今までやったコースの中で一番いい』と伝えたのを覚えている」と振り返った。

今大会は9番と17番のティイングエリアを後ろに下げ、総距離が7070ydと前年大会より79yd長くなった。「飛ばすのが大事になってくると思うが、(次の6月で)60歳になる。ほかの選手より飛ばないと思うけど、今年の始めにあった欧州ツアー(シニアツアー「イタリアオープン」)でも優勝を飾ったし、自信を持っていきたい」と意気込んだ。

「息子のいる前で良い姿を見せられて嬉しかった」とツアー初優勝を振り返った伊澤は、2試合連続優勝に向けて「消費税より低い確率」と笑い誘いつつ、「しっかりバーディを獲っていいプレーをしていきたいと思います」と話した。今季13試合に出場し、平均パット数が「1.71」と全体1位をマークしている。好調ぶりを今大会でも発揮させられるか。

深堀にとっては「プロになって初めて優勝争いした地が、ここ江ケ崎カントリー倶楽部」と1996年「デサントクラシック マンシングウェアカップ」を最終組で奮闘した思い出の場所でのゲーム。「(優勝が)どこで私の番になるか分からないけど、それが今週になったら光栄。しっかり準備していきたいと思います」とツアー初優勝に向けて肩に力を入れた。

賞金レースでトップを走るのはプラヤド・マークセン(タイ/4393万3478円)。今季エントリーしている試合は今大会で最後とし、優勝を飾ると4年連続で賞金タイトルを手にする。

【主な出場予定選手】
バリー・レーン深堀圭一郎伊澤利光プラヤド・マークセンタワン・ウィラチャン秋葉真一鈴木亨中嶋常幸倉本昌弘山添昌良井戸木鴻樹清水洋一塚田好宣

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 富士フイルム シニア チャンピオンシップ




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。