ニュース

国内男子HEIWA・PGM CHAMPIONSHIPの最新ゴルフニュースをお届け

賞金レースに石川遼「意識しない」 今平周吾「全試合で優勝争い」

◇国内男子◇HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 事前(6日)◇PGMゴルフリゾート沖縄(沖縄)◇7226yd(パー71)

賞金レースは残り5戦。ランキング3位で今季2勝の石川遼は「意識していません。いいプレーをすれば、結果はついてくる。期待に応えられるようにしたい」。前週は米ツアー「WGC HSBCチャンピオンズ」(中国・上海)で67位。ゴルフの状態については「調子がいいのか、悪いのか…」と話すにとどめた。

<< 下に続く >>

賞金王となれば、2009年以来10年ぶり2度目。同ランキングトップの今平周吾を約2000万円差で追うが、今大会は2年連続で予選落ち中。「PGAコースに近い。15番(459yd/パー4)とか長くてグリーン周りが難しい」と警戒した。

新しいギアにも期待を寄せる。今週からキャロウェイ エピック フラッシュ サブゼロ フェアウェイウッド(3番13.5度)を投入。「食いつきがあって、打感も柔らかくていいです」。この日のプロアマ戦では10番のティショットで使用し、感覚を確かめた。

今平もプロアマ戦で調整した。2年連続の賞金王に向けて、今季1勝ながら前週の国内ツアー「マイナビABCチャンピオンシップ」では2位と好調をキープ。「いつもどおり1試合、1試合頑張りたい。全試合で優勝争いをすれば」と話した。

3日付の男子ゴルフ世界ランキングでは53位から50位に浮上した。初めてトップ50に入り、「ちょっと早い段階で50位に入ったので、ここからキープできるか不安ですが、調子いいのでどんどんランキングをあげられるように頑張りたい」。年末まで50位以内をキープできれば2020年4月のメジャー「マスターズ」出場権が得られる。

前年大会は首位と4打差の4位だった。東シナ海からの強い風や、硬いグリーンにもきっちり対応した。「しっかりとセカンドショットでグリーンをとらえたい。なるべく球をあげないように、低い球を打つようにしたい」と初日を見すえた。(沖縄県恩納村/玉木充)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!