ニュース

国内女子LPGAツアー選手権リコーカップの最新ゴルフニュースをお届け

キム・ハヌルが最終戦でメジャー初V イ・ボミ2年連続MVP

◇国内女子◇LPGAツアー選手権リコーカップ 最終日(27日)◇宮崎CC(宮崎県)◇6448yd(パー72)

単独首位で出たキム・ハヌル(韓国)が3バーディ、3ボギー「72」でプレーし、通算9アンダーで逃げ切り優勝した。同じ宮崎県開催の3月「アクサレディス in MIYAZAKI」に続く今季2勝目。2011、12年の韓国ツアーの賞金女王は、日本ツアー参戦2年目で初めてメジャータイトルを制し、通算3勝目に彩を添えた。

<< 下に続く >>

2打のリードで迎えた最終日。前半に3ボギーをたたき、後続につかまった。だが、後半に3バーディと巻き返した。ウィニングパットを決め、笑顔で両手を挙げた。「雨の中、大変だったけど、メジャー初優勝で幸せ。今年最後の試合で優勝できて、来年また、がんばれると思います」と語った。

7バーディ、1ボギー「66」と追い上げた成田美寿々は1打及ばず、通算8アンダーの2位。前年覇者の申ジエ(韓国)が通算6アンダーの3位、今季1勝の葭葉ルミ李知姫(韓国)が通算4アンダーの4位となった。

2年連続賞金女王のイ・ボミ(韓国)は、通算2アンダー9位。年間ポイントレースのメルセデス・ランキングも2年連続で1位(最優秀選手賞)に輝いた。

<主な上位スコア>
優勝/-9/キム・ハヌル
2/-8/成田美寿々
3/-6/申ジエ
4T/-4/葭葉ルミ李知姫
6T/-3/穴井詩鈴木愛全美貞

関連リンク

2016年 LPGAツアー選手権リコーカップ



あなたにおすすめ

特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!