ニュース

国内女子サントリーレディスオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

ベテラン姜秀衍が逃げ切りVで涙 イ・ボミは追い上げ届かず

◇国内女子◇サントリーレディスオープン 最終日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(兵庫)◇6511yd(パー72)

4打差の首位から出たカン・スーヨン(韓国)が1ボギー「73」と落としたが、通算11アンダーで逃げ切り、2013年「スタンレーレディス」以来となるツアー2勝目を飾った。

1打リードで迎えた最終18番は約2mのパーパット。40歳のベテランはこれを沈めると、目に涙を浮かべ右手を突き上げた。

1打差の通算10アンダー2位には青木瀬令奈吉田弓美子イ・ボミ(韓国)の3選手。イは17番までに通算11アンダーとし、一時はカンと首位で並んだが、最終ホールでボギーを叩き及ばなかった。

キム・ハヌル(韓国)が通算9アンダーで5位。原江里菜穴井詩申ジエ(韓国)が通算8アンダーの6位、木戸愛が通算7アンダー9位に続いた。2位で出た堀琴音は「75」と落とし、通算6アンダーで10位だった。

国内ツアー復帰戦として臨んだ有村智恵は、通算2アンダー24位に終わった。

<主な上位成績>
優勝/-11/カン・スーヨン
2T/-10/青木瀬令奈吉田弓美子イ・ボミ
5/-9/キム・ハヌル
6T/-8/穴井詩原江里菜申ジエ
9/-7/木戸愛
10T/-6/服部真夕堀琴音 ほか

24T/-2/有村智恵 ほか
33T/0/畑岡奈紗(アマ) ほか
48T/+3/勝みなみ(アマ) ほか

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

「GDOゴルフニュース速報アプリ」でログインしてレアグッズが当たるプレゼントキャンペーンを実施中!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには吉本ひかるプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。