ニュース

国内女子ヨコハマタイヤPRGRレディスカップの最新ゴルフニュースをお届け

一ノ瀬優希がプレーオフを制す! 17歳・森田遥はアマ制覇ならず

国内女子◇ヨコハマタイヤPRGRレディスカップ 最終日◇土佐CC(高知県)◇6,232ヤード(パー72)

首位を2打差で追った酒井美紀一ノ瀬優希がともに「67」で回り、通算7アンダーで首位を分け合ったままホールアウト。決着は2人によるプレーオフ(18番パー4の繰り返し)にもつれこみ、1ホール目でバーディを奪った一ノ瀬が今季初優勝を飾った。

一ノ瀬は昨年3月「Tポイントレディス」以来となるツアー通算2勝目。かねてから「早く欲しい」と切望していた2つ目のタイトルを手にし、大会連覇がかかる次週に向けても弾みをつけた。一方の酒井は、昨年に何度も逃してきたツアー初優勝のチャンスを逸し、歓喜の瞬間はまたもお預けとなった。

首位に3打差からスタートしたアマチュアの森田遥(高松中央高2年)は終盤まで優勝争いに加わる健闘を見せたが、プレーオフに僅か1ストローク届かず、通算6アンダーの3位タイで終戦。清元登子(1973年)、宮里藍(2003年)、キム・ヒョージュ(2012年)に次ぐ4人目のアマチュア制覇はならなかった。

単独首位から出た宋ボベ(韓国)は森田と並び3位タイ。通算5アンダーの5位に藤本麻子。さらに1打差の6位に前年優勝の全美貞(韓国)ほか、トーナメントレコードを更新する「63」をマークした表純子ら5人が続いた。

関連リンク

2014年 ヨコハマタイヤPRGRレディスカップ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには金澤志奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~