2019/04/05ANAインスピレーション

畑岡奈紗と野村敏京が5打差42位発進 首位に26歳マクドナルド

」でプレーし、4アンダーとして単独首位で発進した。 1打差の3アンダー2位でツアー10勝のレキシー・トンプソン、キムヒョージュ、コ・ジンヨン(ともに韓国)、リネア・ストローム(スウェーデン)の4人が
2019/04/01キア・クラシック

【速報】畑岡奈紗は1打リードの単独首位でハーフターン

アーカンソー選手権 by P&G」、同年「TOTOジャパンクラシック」に続くツアー通算3勝目へ前進を続けている。 通算15アンダーに9ホールを終えたシダパ・スワンナプラ(タイ)。通算14アンダーにアサハラ・ムニョス(スペイン)、ダニエル・カン、「62」でホールアウトしたキムヒョージュ(韓国)がつけている。
2019/03/24バンク・オブ・ホープ ファウンダーズカップ

中国のリウ・ユが単独首位で最終日へ 野村敏京は32位

)。エンジェル・インが通算16アンダーの3位、パク・ソンヒョン、キムヒョージュ、コ・ジンヨンの韓国勢、リディア・コー、ネリー・コルダが通算15アンダーの4位に並んだ。 野村敏京は7バーディ、1ボギーの「66」と伸ばして通算9アンダーとし、53位から32位に順位を上げた。
2019/03/02HSBC女子チャンピオンズ

世界1位のジュタヌガンが首位浮上 畑岡はスコアを落とす

アンダー3位にジョディ・ユワート・シャドフ(イングランド)、通算8アンダー4位にコ・ジンヨンとキムヒョージュ(ともに韓国)ら4人が続いている。 畑岡奈紗は3バーディ、2ボギー1ダブルボギーの1オーバー「73」とスコアを落とし、首位と9打差の通算2アンダー19位で3日目を終えた。
2018/11/17大王製紙エリエールレディス

アマ上野菜々子は7人目の快挙なるか V争いの有村智恵も驚き

ダンロップ女子オープン」 宮里藍 2012年 「サントリーレディス」 キムヒョージュ 2014年 「KKT杯バンテリンレディス」 勝みなみ 2016年 「日本女子オープン」 畑岡奈紗 2018年 「センチュリー21レディス」 クリスティン・ギルマン
2017/06/01ヨネックスレディス

今や21歳の女子大生 キム・ヒョージュは衝撃Vの再現誓う

◇国内女子◇ヨネックスレディスゴルフトーナメント 事前情報(1日)◇ヨネックスCC(新潟県)◇6423yd(パー72) 海外メジャー1勝で世界ランキング32位のキムヒョージュ(韓国)が、用具契約を
2018/06/04全米女子オープン

A.ジュタヌガンがPO制しメジャー2勝目 畑岡奈紗10位

。後続に4打のリードをつけてスタートし、前半で4つスコアを伸ばした後、10番でトリプルボギーをたたくなど「73」。通算11アンダーで並んだキムヒョージュ(韓国)とのプレーオフを制した。 プレーオフは2
2018/07/22記録

<記録・国内女子>アマチュアのツアー優勝

年度 大会名 選手名 1977 トヨトミレディス 清元登子 2003 ミヤギテレビ杯ダンロップ女子 宮里藍 2012 サントリーレディス キムヒョージュ 2014 KKT杯バンテリンレディス 勝みなみ 2016 日本女子オープン 畑岡奈紗 2018 センチュリー21レディス K.ギルマン
2018/07/20センチュリー21レディス

ツアー記録に1打及ばず 小祝さくらの独断とは

バーディ、ボギーなしの「62」。2012年「サントリーレディスオープン」でのキムヒョージュ(韓国)のツアー最少ストローク記録「61」(18ホール/パー72)には届かなかったが、初優勝に向けて2位に3
2018/07/22センチュリー21レディス

東京五輪も視野 快挙の20歳が描くビジョンとは

目のアマチュア優勝を遂げた。初出場のアマチュアが優勝するのは、12年「サントリーレディス」のキムヒョージュ(韓国)に続いて史上2人目となる。 「最初は少し緊張したけれど、途中からスコアを考えないよう
2018/07/21センチュリー21レディス

OB経験なし 20歳米アマ「ゴルフを始めたときから曲がらない」

、初出場のアマチュアが優勝すれば、12年「サントリーレディスオープン」を当時16歳で制したキムヒョージュ(韓国)以来、2人目の快挙になる。「あまり自分にプレッシャーをかけないで、できるだけたくさんの
2018/07/22センチュリー21レディス

20歳のギルマン 史上2人目のアマチュア初出場優勝

。初出場のアマチュアが優勝するのは、12年「サントリーレディス」のキムヒョージュ(韓国)以来、ツアー史上2人目の快挙になった。 通算13アンダーの2位に小祝さくらと木村彩子。首位スタートの小祝は
2018/07/21センチュリー21レディス

小祝さくらが首位で最終日へ 1打差2位に初出場アマ

キムヒョージュ(韓国)以来、史上2人目のアマチュア初出場・初優勝になる。 通算11アンダーの3位にユン・チェヨン(韓国)。通算10アンダーの4位にカリス・デイビッドソン(オーストラリア)。通算9
2018/07/20センチュリー21レディス

小祝さくらが「62」 10アンダーの首位発進

、2012年「サントリーレディスオープン」最終日にキムヒョージュ(韓国)が出した18ホールの最少ストローク記録「61」に迫った。 3打差の7アンダー2位タイに全美貞(韓国)、アマチュアのクリスティン
2018/06/23NW アーカンソー選手権

畑岡奈紗が1打差2位発進 上がり4連続バーディの快進撃

(メキシコ)。 2位には畑岡、ミンジー・リー(オーストラリア)、モリヤ・ジュタヌガン(タイ)、イ・ミリム(韓国)、カトリオナ・マシュー(スコットランド)ら計7選手が並んだ。キムヒョージュ(韓国)らが6
2018/06/10記録

「サントリーレディス」歴代優勝者

23回 2013年 森田理香子 第22回 2012年 キムヒョージュ 第21回 2011年 アン・ソンジュ 第20回 2010年 飯島茜 第19回 2009年 諸見里しのぶ 第18回 2008年