ニュース

国内女子富士通レディースの最新ゴルフニュースをお届け

上田桃子の勢いは止まらず! ノーボギーの首位タイ発進!

国内女子ツアー第30戦「富士通レディース」が10月12日(金)、千葉県にある東急セブンハンドレッドクラブ 西コースで開幕した。朝は曇が広がっていたものの徐々に日が差し始め、最高気温は24度まで上昇。日中は汗ばむほどの陽気となった。

その初日、現時点で賞金ランキングトップを走る上田桃子、「ゴルフ5レディス」の勝利から好調な飯島茜、今季初勝利が待たれる李知姫(韓国)の3人が4アンダーで首位に並んだ。「バーディチャンスにつけるように心がけた」という上田は、「アプローチの機会が一度もなかった」というほどの好調なショットを武器に、ノーボギーという見事なラウンドを披露した。先週の「SANKYOレディース」では、惜しくもプレーオフで敗れ去った上田。その悔しさを晴らし、賞金女王争いをさらに優位に進めることができるか。

<< 下に続く >>

また、李知姫が17番のパー5でアルバトロスを達成。残り203ヤードの第2打を5Wで打ち、手前から5ヤードほど転がってカップインした。国内女子ツアーでは、2005年に「スタンレーレディス」の最終日に達成した辛ヒョンジュ(韓国)以来7人目。

1打差の3アンダー4位タイには、馬場ゆかり肥後かおり、イ・ジヒョン(韓国)、呂雅恵(台湾)の4人。2アンダーの8位タイに、上原彩子ら7人が続いている。一時は4アンダー首位タイに立っていた古閑美保は終盤にボギーを重ねてしまい、大山志保不動裕理らと並び、1アンダーの15位タイ。横峯さくらはイーブンパーの29位タイ。ディフェンディングチャンピオンの全美貞は、5オーバーの82位タイと大きく出遅れた。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 富士通レディース




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには立浦葉由乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!