ニュース

国内女子日韓女子プロゴルフ対抗戦の最新ゴルフニュースをお届け

韓国勢の高い壁に苦戦・・・日本勢はリードを許す

◇国内女子◇日韓女子プロゴルフ対抗戦 初日◇ベイサイドゴルフクラブ(韓国・釜山)◇パー72

フォアサム(1つのボールを交互に打つ)とフォアボール(それぞれが1つのボールでプレー)のそれぞれ3試合ずつ計6試合が行われた初日、日本チームは海外メジャータイトルホルダーが揃う韓国勢の高い壁に苦戦を強いられた。

フォアサム第1試合は、不動裕理馬場ゆかりが、ユ・ソヨン朴仁妃に3&2で敗れると、第2試合は笠りつ子井芹美保子も、イ・チヒ&全美貞に3&1で完敗。さらに第3試合では吉田弓美子成田美寿々が、チェ・ナヨンキム・ジャヨンに4&3と大差で敗れ、前半、韓国チームに6ポイントのリードを許してしまう。

これ以上リードを広げられたくない日本チーム。フォアボールで行われた第4試合では佐伯三貴横峯さくらが登場。対するキム・ハヌルイ・ボミを相手に、前半をオールスクエアで折り返すも、後半に連続アップを奪われ3&1で敗戦を喫した。第5試合は若林舞衣子森田理香子が、ホ・ユンギョンヤン・スジンと対戦。若林&森田が前半に3アップを先取すると、後半は辛くも粘って1アップで、日本チームにこの日初めてのポイントをもたらした。第6試合では大江香織服部真夕エイミー・ヤン&申智愛と対戦。大江&服部が3&2で敗れると、トータルポイント10-2とし、韓国チームに大きくリードを許した。

2日目はシングルス戦12試合。勝者に2ポイント、引き分けで1ポイントずつが付与され、そのトータルポイントで勝敗を決定する。あとがない日本チームは明日の巻き返しを誓う。

<日本、一矢を報いて望みをつなぐ>
史上最強と評される韓国チームが、前評判通りの強さを見せつけ、前半のフォアサム3試合を全勝で折り返す。後半のフォアボールマッチでも優位に試合を進める中、日本チームでポイント獲得が期待できるのは、前半で3アップのリードを築いた若林舞衣子森田理香子の組に絞られていた。

しかし、対するホ・ユンギョンヤン・スジン組も簡単には引き下がらない。11番(パー3)でバーディを奪って2ダウンとすると、続く12番は共にバーディで分け。16番(パー5)では、森田が6mのパーパットを沈めて辛うじて引き分けとしたが、直後の17番でヤン・スジンが1.5mを沈めて1ダウンとし、この組の勝負はこの日初めて最終18番までもつれ込んだ。

最終ホールでは4人ともにバーディパットを放ったが、誰も決めることができずに引き分けとなり、日本チームが虎の子の1アップを守りきった。

2人が口をそろえて興奮気味に振り返ったのは16番のパーパットのこと。「若林さんに“真っすぐでいい”って言ってもらえてその通り打てたので良かった」と森田が言えば、「あれが一番うれしかった」と若林も笑顔で応える。最低限の1勝とはいえ、日本チームにとっては2ポイントという得点以上に、価値のある勝利となった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 日韓女子プロゴルフ対抗戦




特集SPECIAL

全米オープン
2019年のメジャー第3戦「全米オープン」は13日(木)に開幕する。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。