ニュース

国内女子日韓女子プロゴルフ対抗戦の最新ゴルフニュースをお届け

日韓女子の精鋭たちが会見 競技方式の一部変更も

韓国・釜山にあるベイサイドゴルフクラブで、12月1日(土)から2日間に渡り行われる「日韓女子プロゴルフ対抗戦」。11月29日に両チーム全選手が一堂に会しての公式記者会見が釜山市内で催され、両チームキャプテンをはじめとする選手たちが大会への意気込みなどを語った。

以下、日本チームの主なコメント

茂木宏美(キャプテン)
「日本チームのメンバーは若手中心の構成ですが、私達もしっかり準備をしてきましたし、今大会が出来る事を非常に楽しみにしています。韓国チームは世界で活躍している選手がたくさんいます。日本チームにとっても意味のある大会、そして貴重な経験になると思っています。韓国の選手は1年間戦ってきてスタミナがあるなと思います。あと気持ちも強く、パット、ショットにも気持ちがあるので、日本選手も良い刺激をもらっていますし、吸収するものも多いと思います」

横峯さくら
「韓国選手もすごい強いと思いますが、日本も強い13人が揃ってるので、若手も多いですし、しっかり頑張りたいと思います」。

不動裕理
宮里藍ら海外組の不在に対し)「もちろん海外選手が来ると戦力的に上がるかもしれませんが、今年は若い選手が多く、今もっとも勢いのある選手が来てますし、2~3年後には必ず世界で活躍していると思っているので期待して下さい」

なお、大会主催者の意向により、初日のダブルス戦の競技方式が18ホールストローク方式から、18ホールマッチプレー方式に変更となることが発表。2日目は当初通り、12名ずつによる18ホールストロークプレーのシングルス戦で行われる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 日韓女子プロゴルフ対抗戦




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。