ニュース

国内女子大王製紙エリエールレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

佐伯三貴が今季2勝目!女王・全美貞とのマッチレースを制す

◇国内女子◇大王製紙エリエールレディスオープン 最終日◇五浦庭園カントリークラブ(福島県)◇6427ヤード(パー72)

佐伯三貴が今季の賞金女王・全美貞を逆転で破った。予選ラウンド2日間で単独首位の座を守った全の背中を1打差で追い、7アンダー2位からスタートした最終ラウンドに「68」をマーク。通算11アンダーまでスコアを伸ばし、4月の「スタジオアリス女子オープン」以来となる今季2勝目、ツアー通算5勝目を飾った。

敗れた全は3打差、通算8アンダーの2位。3アンダーの3位タイに不動裕理鬼澤信子が入った。1アンダーの5位には馬場ゆかり笠りつ子服部真夕豊永志帆らが続いている。

佐伯三貴、大ギャラリーの声援が「心強かった」>

東北福祉大出身の佐伯にとって、東北・福島はゆかりの地。最終組に入ったこの日、全美貞(韓国)、ニッキー・キャンベル(オーストラリア)という海外選手と回ったこともあり、必然的に大きくなった佐伯への声援に「心強かったです」と顔をほころばせた。

過去、全とは何度も優勝争いをしてきたが、そのたびに「『おめでとうございます』と言う方だった」と振り返る。スタート前、「今日もそうなるのかな」という予感が頭をよぎったという。

しかし、風邪の影響もあったのか、「いつもは緊張するのに今週はそういうのが全くなかった」。序盤に全がバーディで突き放しても、「全然気にならなかった」と目の前の1打に集中する。10番のバーディ(佐伯)、ボギー(全)で並んでも、16番のバーディ(佐伯)で2打差としても優勝の意識はなかったという。

4バーディを奪って通算11アンダーとして迎えた17番、「(17番は)アゲンストだったので、あのパーセーブが優勝につながったと思う」と、全がボギーを叩く中をパーで切り抜け、結局3打差をつけて逆転優勝。「全さんと優勝争いをして初めて勝てたので、自信にもなるし、うれしいです」という佐伯。今季2勝目は自身初の年間複数回優勝となった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 大王製紙エリエールレディスオープン




特集SPECIAL

「GDOゴルフニュース速報アプリ」でログインしてレアグッズが当たるプレゼントキャンペーンを実施中!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには吉本ひかるプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。