ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

小俣奈三香が単独首位!宮里は美香が1オーバー9位スタート

国内女子ツアー第23戦「日本女子オープンゴルフ選手権」が、広島県にある広島カンツリー倶楽部八本松コースで開幕した。国内女子のメジャー第2戦で、この大会にはプロに混ざって18名のアマチュアも出場。ベストアマチュアの戦いにも注目が集まる。

初日首位に立ったのは、3アンダーをマークした小俣奈三香だ。難しいセッティングで各選手苦しむ中、小俣は7バーディを奪いスコアを伸ばした。昨シーズンは米ツアーにチャレンジしていた小俣だが、今シーズンはこれまで10試合に出場。先週行われた「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」で初の予選落ちになったが、今週は好スタートを切った。

<< 下に続く >>

小俣を1打差で追うのは、ベテランの城戸富貴と昨年プロ入りを果たした堀越ゆかりの2人。10番から3連続バーディを奪うなど勢いも見せた堀越に対し、城戸はベテランらしい堅実なプレーで2バーディ、ノーボギーのラウンドだった。

1アンダーの単独4位は、今シーズン7月に行われた「ベルーナレディースカップゴルフトーナメント」で嬉しいツアー初優勝を果たした川崎充津子が付けた。川崎は9番ホールでトリプルボギーを叩いたが、なんとか1アンダーでフィニッシュ。初日アンダーパーでラウンドしたのはこの4人だけ。多くの選手が難しいセッティングに苦しんでいるのがわかる。

イーブンパーの5位グループに、アマチュアの諸見里しのぶが入った。2バーディ、2ボギーとスコアをまとめ、初の日本女子ベストアマのタイトルを狙う。そのタイトルを奪いたいもう一人の注目選手宮里美香も1オーバーの9位と好スタートを切った。宮里は今年の日本アマチュア選手権で優勝し、2冠を狙っている。

アマチュアの宮里に遅れをとってしまったのは、プロゴルファーとして初めてこの大会に出場する宮里藍だ。昨年のこの大会は、前週にアマチュアとしてツアー優勝を果たした直後で集中力にも欠け21位に終わった。初日3オーバーの20位と少し出遅れたが、残り3日間でどこまで伸ばしてくるか楽しみだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 日本女子オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!