ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍が単独首位を守って優勝へ王手!諸見里しのぶが8位タイに浮上

北海道にあるニドムクラシックコースニスパコースで行なわれている、国内女子ツアー第25戦「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」の3日目。前日サスペンデットだったため、第2ラウンドの残りと第3ラウンドが行なわれた。先に行なわれた第2ラウンドを終えて単独首位に立ったのは、宮里藍。また続く単独の2位には、肥後かおりが入った。

単独首位で迎えた第3ラウンドの宮里。いきなりバーディ発進と好スタートを切ったが、続く2番でセカンドショットを左に曲げ、結局ダブルボギーを叩いてしまう。続く3番でバーディを奪い巻き返しをはかったが、9、10、13番でボギー。一時は3位タイまで順位を落とした。しかし最終18番でカラーからチップインバーディを奪い通算4アンダー。2位グループに1打差ながら、単独首位で明日の最終日を迎える。

<< 下に続く >>

その宮里を追う2位タイには、川原由維と、韓国勢の辛ヒョンジュ全美貞が通算3アンダー。この日宮里と周った川原は「パターを替えて、まあ良い結果が出ています」とコメントした。

一方、注目の大山志保はこの日3つスコアを落としてしまい、通算2オーバー。「ただパッティングが悪いだけです」とコメント。8位タイとしている。また4位タイからスタートの不動裕理も2つスコアを落として通算イーブンパーの5位タイ。明日最終日のキーとなるのは「パッティング」として、逆転優勝を狙う。その他、宮里同様に米女子ツアーで戦っている諸見里しのぶがこの日2アンダーとして、通算2オーバーの8位タイに浮上。横峯さくらは、通算8オーバーの30位タイでこの日のラウンドを終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2006年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!