ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍が描く挑戦の足跡

一時は3位タイまで後退も終わって見れば単独首位をキープ!

2006/09/09 18:00


北海道にあるニドムクラシックコースニスパコースで行なわれている、国内女子ツアー第25戦「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」の3日目。この日の宮里は、1番でバーディの好発進を見せ、一気に突き放すかに思えるスタートだった。

ところが続く2番でトラブル発生。3番ウッドでのセカンドショットが左に大きく曲がり、木の根元に止まってしまう。出すだけの3打目は、なんとラフのターフの上に乗るライの悪い状態に。打ってみなければ分からないような状況で、結局このホールをダブルボギーとしてしまった。予選ラウンドまでは6インチリプレースOKだった今大会。決勝ラウンドのこの日より、その特別ルールがなくなったため、ターフの上でもそのまま打つことになった宮里。苦しい展開となった。

<< 下に続く >>

それでも持ち前の切り替えの良さで、続く3番でバーディを奪った。しかしその後もショットの切れが戻らず、何とかパーで凌ぐ内容が続き、9、10、13番でボギー。スコアを崩し、一時は3位タイまで後退した。

それでも我慢のプレーを続け、18番ではカラーからのチップインバーディ。結果通算4アンダーで単独首位はキープし、明日の最終日を迎える。

明日の抱負を聞かれると「気を抜かずに思い切りピンを攻めて、攻撃的なプレーをしたい」と語る宮里。1ラウンドごとに目標としている4アンダーについては「出来ると思いますよ」とあっさりとコメントし、優勝に王手をかけている。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!