ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

海外勢の連勝をストップできるか!? 賞金王争いにも注目

国内男子ツアーの第23戦「ダンロップフェニックストーナメント」が11月20日(木)から4日間に渡り、宮崎県にあるフェニックスCCで開幕する。賞金総額はツアー最高額に並ぶ2億円。海外ツアーから参戦するスタープレーヤーを交え、賞金王の行方を大きく占う注目の一戦が幕を開ける。

昨年大会は、2年連続の出場となったイアン・ポールター(イングランド)が、初日から首位の座を守り切る完全勝利。ルーク・ドナルド(イングランド)、パドレイグ・ハリントン(アイルランド)ら海外招待選手も上位で終え、実力伯仲の熱戦が展開された。

ポールターは、今年もディフェンディングチャンピオンとして出場する。さらに、今年はメジャー3勝を誇る南アフリカの雄、アーニー・エルスが10年ぶりの出場。初参戦した1993年以来となる、大会2勝目に挑む。迎え撃つ日本勢は、先週の「三井住友VISA太平洋マスターズ」に続く2勝連続優勝がかかる片山晋呉のほか、賞金ランキング2位で追う矢野東、3位の谷原秀人ら。シーズン終盤に入り調子を上げてきた石川遼も、年間獲得賞金1億円突破に向けて高いモチベーションで大会に臨む。

2002年大会で横尾要が勝利して以降、海外選手がトロフィーを掲げ続けている今大会。賞金ランク上位の選手がズラリと顔を揃えた、日本勢のタイトル奪還に期待したいところだ。

【出場予定選手】
I.ポールター石川遼尾崎将司、近藤智弘、B.スネデカー谷口徹谷原秀人中嶋常幸深堀圭一郎丸山茂樹宮本勝昌矢野東E.エルスH.オットーH.ステンソンS.フレッシュS.マリノ

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。