ニュース

国内男子アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

マークセンが首位奪取 池田勇太3打差 石川遼は一歩後退

◇国内男子◇アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ 2日目◇大利根カントリークラブ 西コース(茨城)◇7101yd(パー70)

早朝からの冷たい雨が混戦を呼び込んだ。2日間を終えてアンダーパーを維持しているのは、出場133人のうち17人。今季2勝目を狙うタイの鉄人、49歳のプラヤド・マークセンが3バーディ、1ボギーの「68」で回り、通算5アンダーとして単独首位で決勝ラウンドに進出した。

1打差の2位に日本ツアーの賞金ランキングでトップを走るキム・キョンテ(韓国)。さらに1打差、通算3アンダー3位に谷原秀人武藤俊憲キム・ヒョンソン(韓国)、薗田峻輔が並んだ。

2アンダー7位タイには池田勇太、この日のベストスコア「65」をマークした稲森佑貴ら5人。アジアンツアーとの共催主管競技は、予選ラウンドを終えた段階で外国人選手も、日本を主戦場とするメンバーが上位にそろっている。

前週「ANAオープン」に続く優勝を狙う石川遼は、1アンダーの15位タイからスタートし、3バーディ、4ボギーの「71」(パー70)。通算イーブンパーで、前年王者の藤田寛之小田孔明宮里優作らと並び18位タイで予選を通過した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!