ニュース

国内男子HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP in 霞ヶ浦の最新ゴルフニュースをお届け

谷原秀人が1年ぶり優勝に向け首位キープ 石川遼は予選通過

◇国内男子◇HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP in 霞ヶ浦 2日目◇美浦ゴルフ倶楽部(茨城県)◇6968yd(パー71)

穏やかな秋晴れとなった2日目、7アンダーの首位タイから出た谷原秀人が5バーディ2ボギーの「68」で回り、通算10アンダーとして、この日「65」と伸ばしたリュー・ヒョヌ(韓国)と並び首位に立った。

谷原は前半を1バーディ2ボギーで折り返すと、11番から3連続バーディ、18番(パー5)もバーディで締めくくった。「ダメな1日だった。身体が疲れている」と述べる一方、「1日3つくらい伸ばせれば優勝争いについていける。最終日まで優勝を狙える位置に残れるようにしたい」と語り、昨年11月以来の勝利へ意欲を見せた。

イーブンパーの48位でインから出た石川遼は、10番でダブルボギーをたたくスタートとなったが、その後4つのバーディを奪取。通算2アンダーの36位タイとし、国内5連戦の初戦で決勝ラウンド進出を決めた。

首位と1打差の9アンダー、3位に初日首位タイだった薗田峻輔と、5つスコアを伸ばした冨山聡がつけている。

8アンダーの5位に近藤共弘宮本勝昌香妻陣一朗ハン・ジュンゴン(韓国)が並ぶ。7アンダーの9位に賞金ランキングトップの小田孔明と、手嶋多一アダム・ブランド

前週優勝の小田龍一は最終18番でイーグルを奪い、カットライン上の1オーバー60位タイに滑り込んで予選通過した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP in 霞ヶ浦




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。