2017/12/01オーストラリアPGA選手権

A.ブランド首位キープ A.スコットは予選落ち

◇欧州男子◇オーストラリアPGA選手権 2日目(1日)◇RACVロイヤルパインズリゾート (オーストラリア)◇7364yd(パー72) 首位から出た日本ツアーを主戦場とするアダムブランド
2019/08/26ヨーロピアンツアー公式

ファンローエンがスウェーデンで劇的勝利

首位タイに浮上した。 185ヤードを7番アイアン一振りでホールアウトした彼のホールインワンは、今季ツアーで24個目のエースであり、今週は木曜の10番でのアダムブランドに続く2つ目のエースとなった
2019/09/21GDOEYE

長尺・中尺パター 国内シニアメジャーでの使用率は

いるアダム・スコット(オーストラリア)のようなトッププレーヤーもいる。 日本でも「いったん短い(レギュラーサイズの)パターにしたけれど、長尺に戻ってきた人がほとんどです」と松下氏。ルール改正前よりも2
2019/06/13小林至のゴルフ余聞

嗚呼、ぺブルビーチは遠くになりにけり

。1990年にコスモ・ワールドという不動産会社が1300億円で買収し、その後、太平洋クラブに売却譲渡された。再びアメリカ人の手に戻ったのは1999年。アーノルド・パーマーとクリント・イーストウッドを前面に
2019/04/16ツアーギアトレンド

マスターズの1W使用率をチェック ウッズは王道路線

。続く2位は、2013年王者アダム・スコット、15年王者ジョーダン・スピース、ジャスティン・トーマス(以上TS3)パトリック・カントレー(917 D2)ら実力者が名を連ねる「タイトリスト(アクシネット
2019/05/19ツアーギアトレンド

アダム・スコットに見るボール選びの難しさ

◇メジャー第2戦◇全米プロゴルフ選手権 3日目(18日)◇ベスページ州立公園ブラックコース(ニューヨーク州)◇7459yd(パー70) アダム・スコット(オーストラリア)は、首位を独走するブルックス
2018/12/24ツアーギアトレンド

PGAツアーを彩るスペシャルなシューズたち

。 ■メイプルリーフ柄の特別仕様 カナダ出身のアダム・ハドウィンは2017年の「キャリアビルダーチャレンジ」で「59」をマーク。今年は優勝がなかった。8月の「全米プロ」で母国の象徴でもあるメイプルリーフをかかとに
2017/11/30オーストラリアPGA選手権

日本ツアーのA.ブランドが首位 1打差にS.ガルシア

主戦場にするアダムブランドが「66」をマークし、6アンダーで首位に並ぶ好スタートを切った。 5アンダーの3位にセルヒオ・ガルシア(スペイン)、マーク・レイシュマン(オーストラリア)ら5人。さらに1打
2018/11/25カシオワールド

香妻陣一朗は一歩届かず 賞金シード喪失

)、I.H.ホ(123位/韓国)、チョ・ビョンミン(136位)、★I.J.ジャン(139位/韓国)、ドンファン(179位/韓国)、★トッド・シノット(208/オーストラリア) ※以下の選手は今季獲得賞金なし ★アダムブランド(オーストラリア)、★チャン・キム(韓国)、任成宰(韓国)、★谷原秀人
2015/06/05GDOEYE

日本語で感謝表明 アダム・ブランドの心意気

」を制したブランドだったが、この日は4オーバーの92位タイと出遅れた。自身のプレー内容にはいっさい触れず、手元のメモをチラチラと確認しながら、たどたどしい日本語でしゃべり始めた。 「アダムブランド
2017/05/28ミズノオープン

日本人“0”は6年ぶり 海外勢4人に「全英」出場権

)出場権が付与される国内男子ツアー「ミズノオープン」が終了。優勝したチャン・キム(米国)、2位のマイケル・ヘンドリー(ニュージーランド)、3位のアダムブランド(オーストラリア)、4位タイのキム
2017/04/15東建ホームメイトカップ

藤田寛之が2打差で梁津萬を追う 小平智は「74」で後退

アンダーの単独首位で3日目を終えた。首位に2打差の3位からスタートした藤田寛之が、5バーディ、1ボギーの「67」でプレーして通算11アンダー2位で追う。 通算10アンダー3位にアダムブランド
2017/12/03オーストラリアPGA選手権

C.スミスが欧州ツアー初優勝 S.ガルシアは24位

。 通算17アンダーの3位に、日本ツアーを主戦場にするアダムブランド。通算14アンダーの4位にマーク・レイシュマンとデービッド・ブランスドンが続き、上位5人を地元オーストラリア勢が独占した。 前年覇者の
2017/12/22ギアニュース

今年のヒット作から早くも後継モデル!?

、インターネットのみならず首都圏をはじめとする電車内の液晶モニターで流れ、話題を集めている。 石川遼も試したエピックシリーズはソールに特徴的な2本の柱を要し、ブランドカラーとして緑色が施されていた。動画では「革新
2017/12/02オーストラリアPGA選手権

豪州勢が上位を席巻 S.ガルシアは7位で最終日へ

するアダムブランドが続き、単独6位までの上位6人を地元オーストラリア勢が締めた。 セルヒオ・ガルシア(スペイン)は通算8アンダーの7位。前年覇者のハロルド・バーナーIII(米国)は通算6アンダーの10位で最終日を迎える。