ニュース

国内男子つるやオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

谷口、片山、伊沢の3強は好位置をキープ!

国内男子ツアー第2戦、「つるやオープン」が24日、兵庫県のスポーツ振興カントリー倶楽部で開幕した。初日飛び出したのはF.ミノザ。つるやオープンの18ホール最少ストロークに並ぶ63をマークしトップに踊り出た。

アウトからスタートしたミノザは、1番、2番を連続バーディ。その後もバーディを重ねた。圧巻は16番からの3ホール連続バーディフィニッシュ。8バーディ、ノーボギーの見事なゴルフを披露した。

日本ツアーで6勝を挙げているミノザだが、昨年は賞金ランキング85位と低迷。一昨年のフジサンケイクラシック優勝の資格で、かろうじてシードを維持しており、今季は早めに好成績を残したいところだろう。

マスターズ出場のため、今大会が国内初戦となった片山晋呉、伊沢利光、谷口徹は好位置をキープ。片山が4アンダーで8位タイ、谷口と伊沢が2アンダーで20位タイにつけている。2日目以降の追い上げが楽しみだ。

今年も注目の尾崎将司は絶不調。1ダブルボギー、5ボギーとジャンボらしくないゴルフを展開。好スコアが出ている15番ロングでバーディを奪ったが、通算6オーバーの125位タイと低迷している。

片山晋呉(4アンダー/8位タイ)

「良くもあり、悪くもあり。全体としてはショットのイメージが出ており、しかもバーディが取れているので良いのではないかと思います。帰国してまもないので疲れていないといったら嘘になるけど、疲れる仕事をしているのだから疲れたとは言えないですね。今週はこのままいけば、優勝争いは出来そうです」

■ 伊沢利光(2アンダー/20位タイ)

「今日はパッティングが足を引っ張りましたね。読みがはずれました。ゴルフの内容としては4、5アンダーだったけど・・・。ショットはまあまあ良かったです。ある程度はイメージしたとおりにできました」

谷口徹(2アンダー/20位タイ)

「今日は語るべきゴルフではなかったです。自分で納得できるようなショットは全然なかったし、ショットの調子も悪く、とてもピンを狙っていくようなゴルフが出来ませんでした。強いて言えば、パットがまあまあ良かったくらいでしょうか。明日に向けて調整していくというより、ぼちぼちやっていくというしかないですね」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 つるやオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!