ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

意地を見せるか日本勢!桑原克典が6アンダー首位タイスタート!

国内男子ツアー第28戦「カシオワールドオープンゴルフトーナメント」が、鹿児島県のいぶすきゴルフクラブ開聞コースで開幕した。国際大会3連戦の最後を締める大会で、今シーズンの試合数もこの試合を含め残り2試合となった。先々週は北アイルランドのダレン・クラークが、そして先週はタイガー・ウッズがぶっちぎりの優勝を飾ったが、今週は日本勢が意地を見せるのだろうか。

初日首位に立ったのは、18番パー5でイーグルを奪った桑原克典と、6バーディを奪ったハンター・メイハンの2人。共にノーボギーでラウンドする安定感が感じられた。1打差の5アンダーには、好調の加瀬秀樹井上忠久の2人が並んでいる。 加瀬は先週予選2日間をタイガー・ウッズとラウンドし、タイガーの飛距離に圧倒されてしまったが、今週は再び上位に入ってきた。

<< 下に続く >>

先週の試合で8アンダーをマークし2位に入った川岸良兼も好調なゴルフを維持している。川岸と並んで3アンダーの9位スタートを切ったのは横尾要手嶋多一、そしてジャスティン・ローズなど6人だ。ローズは昨年の「中日クラウンズ」で優勝を果たすなど、日本のコースには慣れてきたはず。2日目以降のゴルフが注目される。

今大会若手選手の招待が目立つが、ベテランのコリン・モンゴメリーも出場している。日本のクラブメーカーと契約し、見事な復活を果たしたモンティだが、初日は2オーバーの66位と大きく出遅れてしまった。同じく66位には、逆転で賞金王を狙う谷口徹、アマチュアの伊藤涼太も含まれている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!