ニュース

欧州男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 全英オープン
期間:07/17〜07/20 場所:ロイヤルセントジョージスGC(イングランド)

イーグル続出!ついにタイガーが優勝争いに加わった!!

予選2ラウンドを終了してアンダーパーがたった1人となった今年の全英オープン。3日目は風も穏やかになり、スコアを伸ばす選手も多数現れた。パー5のホールでスコアを伸ばすのがこのコースを攻略する方法になるが、大本命のタイガー・ウッズが、前半に2つのイーグルを奪い優勝争いに絡んできた。

4番パー5で今大会初のイーグルを奪ったタイガーは、7番のパー5では2打目をガードバンカーに入れてしまった。そして、左足下がりの難しいライから放った第3打がカップに吸い込まれるチップインイーグル。この時点で1アンダーのトーマス・ビヨーンを捕え首位タイに並んだ。さらに9番では長いバーディパットを沈め2アンダー。

<< 下に続く >>

このままタイガーがスコアを伸ばし独走態勢に入るかと思われたが、11番でボギーを叩くとショットが少しずつブレ始めた。14番でこの日2つ目のバーディを奪ったが、後半だけでボギーを4つ叩いてしまい1オーバー4位タイで最終日を迎えることになった。

予選2日間、タイガーとラウンドしたスペインのセルヒオ・ガルシアも、打倒タイガーとともに初のメジャー制覇に向けてアグレッシブなプレーを続けている。2番、4番でボギーが先行し苦しい立ち上がりだったが、5番から14番までに4つのバーディを積み重ね、アンダーパーグループに加わってきた。17番ではティショットを左に曲げ、深いラフからの2打目を空振り。短いクラブに持ち替えた3打目はフェアウェイに出すだけで、ピンチを迎えた。残り100ヤードを超える4打目で奇跡的なチップインパーを奪い優勝争いに残った。

3日目を終えて単独首位に浮上したのは、デンマークのトーマス・ビヨーンだった。4番パー5でイーグルを奪い、1アンダーの首位に浮上すると、6番でボギーを叩いたが続く7番でバーディを奪った。その後はバーディチャンス有り、ピンチもあり崩れる恐れもあったが、絶妙なアプローチで1アンダーをキープ。メジャー制覇に王手をかけた。

1打差でビヨーンを追うのは、1アンダー首位からスタートしたデービス・ラブIII。11番ホールで4つ目のボギーを叩き2オーバーまで後退した。しかし、14番パー5でイーグルを奪い優勝戦線に復帰。さらに1打差の1オーバーには、タイガー、ガルシアと並びビジェイ・シンケニー・ペリーなども並んでいる。ペリーは先週行われた米ツアーの「グレーターミルウォーキーオープン」に続き、今シーズンの4勝目を狙っている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!