ニュース

米国女子クラフトナビスコチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2009年 クラフトナビスコチャンピオンシップ
期間:04/02〜04/05 場所:ペブルビーチGL他(カリフォルニア州、ミッションヒルズCC)

「腹が立つ!」さくら、終盤の3連続ボギーで失速

2009/04/04 14:56


今季の米女子メジャー初戦「クラフトナビスコ選手権」開幕を前に、1日3~4アンダーを目標と話していた横峯さくら。大会初日、8時41分にスタートした横峯だが、この日は風も無く、スコアを伸ばすには絶好のコンディションに恵まれた。

ところが、出だしの1番は、カラーから3パットをしてボギー発進としてしまう。しかし、「まだ1番だし」とすぐに気持ちを切り替えると、3番で3m、4番で8mと続けざまにバーディパットを沈め、一気にアンダーパーへとスコアを伸ばした。

<< 下に続く >>

ショットが安定し、その後も危なげないプレーを続ける横峯。前半を1アンダーで折り返すと、11番パー5で3打目を1.2mにつけてバーディを奪い、2アンダーへとスコアを伸ばす。目標スコアも見えてきたが、終盤に落とし穴が待っていた。

15番で2打目をバンカーに入れてボギーとすると、続く16番でもティショットを左のラフに入れ、2打目はグリーンオーバー。寄らず入らずのボギーとしてしまう。さらに17番パー3では、ティショットがあとわずかグリーンに届かずに、傾斜を転がり落ちて、ここも寄せきれずのボギー。終盤に手痛い3連続ボギーとしてしまった。

最終18番でバーディを奪い、なんとかイーブンパーに戻したが、「(3連続ボギーは)本当にすごくもったいないし、腹が立ちますね」と珍しく苛立ちを露にした横峯。「16番のティショットは3Wで良かったかも」と、ボギー後のマネジメントミスも反省材料に挙げた。

「風が無かったので伸ばしたかったけど、オーバーパーじゃないだけマシかな」と、自らを慰めたが、明日は苦手の強風が吹く予報が出ている。「明日はイーブンパーを目指して頑張ります」と、前を向いたが、やはり悔しさは拭い切れないようだった。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 クラフトナビスコチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!