GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子国際招待ゴルフ・中日クラウンズの最新ゴルフニュースをお届け

ジャンボ今季2勝目、クラウンズ3連覇

順位 選手名 通算 合計
1 尾崎将司 -13 267
2 B.ワッツ -11 269
3 G.ノーマン -9 271
4 尾崎健夫 -8 272
5 Ri.ギブソン -7 273
5 芹澤信雄 -7 273
5 S.ジン -7 273
5 高見和宏 -7 273
9 白浜育男 -6 274
9 手嶋多一 -6 274

スコア詳細を見る

開幕戦にひき続いてジャンボ尾崎が今年2勝目。17番でアプローチミスを絶妙のパットで逃げきり、18番も気分よくバーディ。しかし「昨日今日とバーディチャンスをけっこう外している。いったいいくつ外したんだろ。風も弱かったしグリーンも止まるからそんなに難しくなかったのに」 パッティングが悪いのは、マスターズの後遺症だという。「体が微妙に動いて、スライスを引っ張りきれない」症状となっているとか。

マスターズへいく前に1勝。渡米前後の数週をはさんで今回また1勝。日本ではやっぱり圧倒的に強い。「これで余裕ができたから、全米オープンへのプラス材料にしたい」とまだまだ海外への意欲は衰えていないようだ。賞金獲得額もすでに4131万円。

グレッグ・ノーマンは「日本でプレーするのは楽しい」としながらも「ジャンボのファンは熱狂的。声援がすごくてパッティングの仕切り直しをしてしまった」とチクリ。2番ホールではボールの後ろにクラブを置いたジャンボの行為に「まぎらわしい」とクレーム。しかしこの行為そのものはJPGAツアーの見解ではルール違反とは解釈されない。「あれはノーマンが友達だから言ってくれたこと。どうってことじゃないよ」とジャンボも語っていた。


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?