2021/09/03フジサンケイクラシック

今野大喜が首位発進 第1ラウンドが終了

◇国内男子◇フジサンケイクラシック 2日目(3日)◇富士桜CC(山梨)◇7566yd(パー71) 54人がホールアウトできず順延となっていた第1ラウンドの残りが終了した。「65」でプレーした今野大喜
2021/09/30バンテリン東海C

今野、幡地、C.キムが7アンダー首位発進 アマ中島は73位

、今季2度目の首位発進となった今野大喜と、今季の平均飛距離1位(312.9yd)を誇る幡地隆寛、そしてツアー通算5勝のチャン・キムだ。 5アンダー4位に清水大成、稲森佑貴、大槻智春、小斉平優和の4選手
2021/10/01バンテリン東海C

稲森佑貴が首位浮上 小斉平優和とチャン・キム1打差

今野大喜はスコアを伸ばせず通算7アンダーの7位グループ。同じく幡地隆寛は1つ落として通算6アンダーの13位とした。 初日に28位とした石川遼は、この日4アンダー「67」で回って通算5アンダーとし、今平
2021/09/02フジサンケイクラシック

初日は濃霧で順延 首位は前週覇者のビンセント

バーディ、2ボギーの「67」で回り、4アンダーで終えた。そのほか12ホールを消化した池上憲士郎、同13ホールのアンジェロ・キュー(フィリピン)とラヒル・ガンジー(インド)、同14ホールの今野大喜が暫定
2021/08/28KBCオーガスタ

S.ビンセントが首位キープ 重永2位、石川は3位に浮上

日「65」で回った21歳の大学生プロ・石坂友宏と今野大喜、さらに「66」で回った石川遼と首位から出て「71」とした大槻智春がつけている。石川は今季ベスト順位で明日の最終日を迎える。 通算10アンダーの
2021/08/26KBCオーガスタ

今平周吾ら3人が「64」で暫定首位 石川遼は43位で日没順延

。ホールアウトした選手では「64」をマークした2年連続賞金王の今平周吾、ルーキーの清水大成、スコット・ビンセント(ジンバブエ)の3人が8アンダーの首位に並んで発進した。 今野大喜と坂本雄介が7アンダー、スンス