2019/11/15VISA太平洋マスターズ

正岡竜二とY.E.ヤンが首位浮上 石川遼は2週連続予選落ち

、浅地洋佑とともに通算3アンダーの6位で週末を迎える。 アマチュアの金谷拓実(東北福祉大3年)は51位から「66」と伸ばし、通算1アンダーの16位に浮上して決勝へ。賞金ランキングトップを走る今平周吾
2019/11/14VISA太平洋マスターズ

今平周吾はノーバーディで39位 石川遼は林に阻まれ74位

◇国内男子◇三井住友VISA太平洋マスターズ 初日(14日)◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7262yd(パー70) 賞金レースを引っ張る2人は鈍いスタートになった。ランキング1位の今平周吾は2
2019/11/14VISA太平洋マスターズ

宮里優作ら3人が首位発進 石川遼は出遅れ

。 主催する太平洋クラブ所属の小斉平優和は2アンダーの7位。前週優勝のチェ・ホソン(韓国)はイーブンパーの15位。賞金ランキングトップを走る今平周吾は2オーバーの39位で滑り出した。 前年覇者の額賀辰徳は4オーバーの59位。前週に今季初の予選落ちを喫した石川遼は7オーバーの74位と出遅れた。
2019/11/13VISA太平洋マスターズ

13年かかった初優勝から1年 額賀辰徳のいま

立場をはっきりと自覚した。 「”主役”の扱いをしていただける。そこが一番特別なこと」。プロアマ戦は冠スポンサーである三井住友カード株式会社の大西幸彦社長と回り、予選ラウンドは賞金ランキング1位の今平
2019/11/13VISA太平洋マスターズ

石川遼の気になる「3度」 御殿場で取り組むスイング修正

シーズン初の予選落ちを喫した。10月に入って1Wショットの不振に陥り、ビッグトーナメントで成績を残せないまま賞金ランキングは1位から3位に後退。トップの今平周吾を約3865万円差で追う立場となった今
2019/11/11世界ランキング

チェ・ホソン自己最高162位 今平周吾45位に/男子世界ランク

。 大会2位の今平周吾は45位で、5ランク上がった。日本勢最高位は松山英樹の20位で変わらず。今平以下の日本勢は104位の星野陸也(1ランクダウン)、105位の石川遼(同)が続いた。 欧州ツアー「ターキッシュエアラインズオープン」でツアー4勝目を挙げたティレル・ハットン(イングランド)は18人を抜いて、世界30位となった。
2019/11/10HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP

46歳チェ・ホソン「情熱は若い選手より何倍も」

26歳と遅かったので、今でも競技に対する情熱は若い選手より何倍も熱い」。46歳のチェ・ホソン(崔虎星/韓国)が優勝会見で力を込めた。 27歳の今平周吾を気持ちでねじ伏せた。前半に今平に首位の座を奪われ
2019/11/10HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP

チェ・ホソンが今季初勝利 今平周吾とのマッチレース制す

、通算14アンダーとして今季初優勝を飾った。昨年11月「カシオワールドオープン」以来の日本ツアー通算3勝目。 同じ最終組で1打差2位から出た今平周吾とのマッチレースの様相を呈した。チェは前半8番(パー
2019/11/09HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP

チェ・ホソンが首位浮上 今平周吾が1打差

「68」でプレーし、通算10アンダーとして首位に立った。2018年11月「カシオワールドオープン」以来のツアー通算3勝目に向け、1打差で最終日を迎える。 通算9アンダーの2位に賞金ランキングトップの今平
2019/11/08HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP

石川遼は13本の決断 ドライバー封印「打つ意味がない」

太平洋マスターズ」(静岡・太平洋クラブ御殿場コース)を含めて、賞金レースは残り4戦。賞金ランキングトップの今平周吾を約2000万円差で追う3位につけるが、10年ぶり2度目の賞金王へ、この決断は吉と出るか、凶と出るか。(沖縄県恩納村/玉木充)