2019/06/02全米女子オープン

「全米女子オープン」日本人成績

31位諸見里しのぶ 34位上田桃子、宮里美香、森桜子、上野藍子 予落 2009 宮里藍 6位福嶋晃子 17位上田桃子 40位不動裕理、宮里美香 57位佐伯三貴、大山志保 予落 2008 上田桃子 13位
2019/04/21KKT杯バンテリンレディス

「もう少し」が継続の秘訣 李知姫が“40代”初優勝

ない。「でも、最近はレベルも上がってきているし、そのためには年間3、4勝はしないと難しいから」。付け加えれば、生涯獲得賞金は現在2位(約11億8020万円)。1位の不動裕理には、あと1.8億円差に迫っ
2019/04/20KKT杯バンテリンレディス

大西葵、イ・ソルラが首位に並ぶ 原英莉花が5位に浮上

りつ子が通算イーブンパーの22位でそれぞれ決勝進出を決めた。 ツアー初出場のアマチュア、竹田麗央は通算4オーバー62位、開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」(予選落ち)以来の出場となった熊本出身でツアー50勝の不動裕理は通算7オーバー80位で、ともに予選落ちした。
2019/04/18GDOEYE

仮設住宅にも招待状 熊本大会開催の意義

、今年はしっかりと気持ちをコントロールしてプレーしたい」と、高まる気持ちを抑えるのに懸命だ。永久シードの不動裕理は「参加することに意義があると思って、自分をなぐさめています」と謙そんするが、実際にその
2019/04/17KKT杯バンテリンレディス

大会中止から継続へ 震災3年の熊本で比嘉真美子が連覇を目指す

。 賞金ランク上位の上田桃子、成田美寿々、新垣比菜、河本結らに加え、地元熊本出身の不動裕理、有村智恵、笠りつ子、青山加織、一ノ瀬優希、大里桃子らにも注目が集まりそうだ。比嘉は初日、有村、河本と同組になった。
2019/03/20Tポイント×ENEOSゴルフ

13年ぶり日本勢の開幕3連勝なるか 鈴木愛は連覇&連勝狙う

として優勝した。 今季は開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」で比嘉真美子が、前週の「ヨコハマタイヤPRGRレディス」で鈴木がシーズン初勝利を挙げた。日本勢が開幕3連勝を飾ると、西塚美希世、不動裕理
2019/03/08ダイキンオーキッドレディス

比嘉真美子が首位浮上 鈴木愛は予選落ち

・ソンジュ、申ジエ(ともに韓国)、柏原明日架と並んだ。イ・ボミ(韓国)は1アンダーの12位タイ、畑岡奈紗はイーブンパー21位タイになった。 鈴木愛、諸見里しのぶ、不動裕理、有村智恵らはカットラインに1打届かない通算3オーバーの55位タイで予選落ちした。
2019/03/07ダイキンオーキッドレディス

松田鈴英が首位発進 諸見里しのぶら1打差2位/女子開幕戦

、永峰咲希、原江里菜、小貫麗、山戸未夢、エイミー・コガの9人が続く。 イーブンパーの15位にイ・ボミ(韓国)、上田桃子、新垣比菜ら。1オーバーの27位に畑岡奈紗、宮里美香、鈴木愛、横峯さくら、不動裕理らが並んだ。 前年覇者のイ・ミニョン(韓国)は2オーバーの47位で終えた。
2019/03/06ダイキンオーキッドレディス

29歳で初の本格参戦 宮里美香は「とにかく勝つ」

うれしいです」と優勝者の不動裕理と記念撮影できたことも懐かしい思い出だ。 那覇市内にある自宅からの参戦する。「ダイキンに育ててもらいましたし、プロ意識が一層、強くなった試合。今年の目標はとにかく勝つこと。優勝したい」と初日をにらんだ。(沖縄県南城市/玉木充)
2019/03/05ダイキンオーキッドレディス

過去最多の39試合 2019年シーズンが沖縄で開幕

連ねる。 小祝さくら、勝みなみ、松田鈴英、原英莉花、三浦桃香ら若手に加えて、永久シードの不動裕理もエントリー。2015、16年賞金女王で昨年賞金ランク83位のイ・ボミの復調にも期待だ。 ゴルフ新規則が1
2019/02/26ダイキンオーキッドレディス

国内女子ツアー開幕直前 達成が期待される主な記録は?

ている。 永久シード獲得となれば、2004年に達成した不動裕理以来15年ぶり7人目となる。樋口久子(69勝)、ト阿玉(58勝)、不動(50勝)、大迫たつ子(45勝)、岡本綾子(44勝)、森口祐子(44
2018/12/06LPGA新人戦

原英莉花と河本結が首位発進/女子ゴルフ新人戦

かな、菅沼菜々、ジャン・ジェナリン(中国)の4人がつけた。 1オーバー7位に8月の「CATレディース」でツアー初優勝を飾った大里桃子と、脇元華が続いている。 賞金総額1000万円で過去の大会王者に不動
2018/11/20大王製紙エリエールレディス

李知姫がツアー記録となる18年連続のシード権

ランク50位以内)を獲得した。不動裕理、服部道子、肥後かおりの17年連続(複数年と永久シードを除く)を更新するツアー記録となった。 「もっと長い人がいると思っていました。意外です。18年も続いているんだな
2018/11/19大王製紙エリエールレディス

アン・ソンジュが4年ぶり4度目の賞金女王 永久シードに意欲

、2004年に30勝目を挙げた不動裕理に次ぐツアー史上7人目になる。通算28勝とし、あと2勝に迫った。「永久シードは獲りたい。あと2勝は難しいかもしれないけれど、永久シードのために目指していくしかないですね」。目前にある勲章が、再び頂点に立った31歳の新たなモチベーションとなる。
2018/11/11伊藤園レディス

鈴木愛は2季連続の賞金女王ならず 夏場の離脱が痛手

不動裕理以来(※不動は6季連続/2000~05年)になる2季連続の女王を逃したが、平均ストロークは『70.0282』とツアー史上初になる60台の可能性を残す。「本当にうまい選手が平均ストロークで1位