最近のニュース 新着一覧≫


2019/05/19全米プロゴルフ選手権

「全米プロ」最終日 組み合わせ&スタート時刻

キーガン・ブラッドリー 1 12:40 1:40 チャールズ・ハウエルIIIマシュー・フィッツパトリック 1 12:50 1:50 チェズ・リービーザンダー・シャウフェレ 1 13:00 2:00 スコット
2019/12/10プレジデンツカップ

21年前のMVP 丸山茂樹が語る「プレジデンツカップ」展望

選抜 主将タイガー・ウッズ> ジャスティン・トーマス、ダスティン・ジョンソン、パトリック・カントレー、ザンダー・シャウフェレ、ウェブ・シンプソン、マット・クーチャー、ブライソン・デシャンボー、トニー・フィナウ、パトリック・リード、ゲーリー・ウッドランド、タイガー・ウッズ、リッキー・ファウラー
2019/11/11ヨーロピアンツアー公式

ハットンがトルコでの黄昏決着で戴冠

スティーブン・マカリスターが優勝し、2003年の「ダンヒル選手権」ではイングランドのマーク・フォスターが制している。 プレーオフ1ホール目では、ティショットをミスしたファンルーエンが脱落。一方、キタヤマ
2019/11/25ヨーロピアンツアー公式

セベ・バレステロス以来 スペインから若き年間王者が誕生

打差で追走した。 しかし、3番でグリーンを捉え損ねたロレンゾベラがボギーを叩き、5番ではラームがかなり速い19mをねじ込んだことで、リードは3打差に。 勢いの止まらないラームはパー3の6番でウォーター
2020/01/14ヨーロピアンツアー公式

“アメイジング・グレース”が母国で復活優勝

奥さんの誕生日でもあるから、彼女にとっては良いバースデープレゼントになったね」 グレースは2番でボギーをたたいたが、続く3番ではラフから見事なショットを打ってバーディをお膳立てすると、4番では7.5m
2019/12/09ヨーロピアンツアー公式

10代のホイガールトがモーリシャスで歴史的勝利

。 パー5の18番で行われたプレーオフ1ホール目で、ホイガールトは優勝の懸かった3.6mのイーグルパットを外したが、2ホール目ではロズナーとともにバーディを奪うと、3ホール目で同様の距離のバーディパット
2020/01/03東京五輪

畑岡奈紗 渋野日向子 鈴木愛 東京五輪へそれぞれの思い

リード。渋野日向子が11位、鈴木愛が15位につける。基本は1つの国・地域の上位2人に切符が与えられるが、世界ランク15位以内に3人以上が入れば、最大4人までが出場できる。それぞれが、自国では初開催となる
2019/07/16全英オープン

2019年「全英オープン」出場者&資格

・ジョンソン パットン・キザイア ブルックス・ケプカ マーク・レイシュマン 松山英樹 ロリー・マキロイ フィル・ミケルソン フランチェスコ・モリナリ ジョン・ラーム パトリック・リード ジャスティン・ローズ
2019/12/02ヨーロピアンツアー公式

ララサバルが痛みをこらえ復活優勝

。 後続に3打リードして首位から出たララサバルは、マメとスイングの問題に苦しみ、前半9ホールを1バーディ、5ボギー1ダブルボギーの「41」、後半13番で6つ目となるボギーをたたき、トップを3打追いかける展開
2019/11/04ヨーロピアンツアー公式

マキロイが上海でWGCハットトリックを達成

デビューを飾ったペレスとシュワブは、そろって最終日に「66」をマークし、アンセルはこの日のスコアを「67」とした。 通算14アンダーの7位にマシュー・フィッツパトリック。2打差の8位にはジェイソン・コクラック、パトリック・リード、ポール・ワーリングが入った。
2019/11/19ヨーロピアンツアー公式

「DPワールドツアー選手権」で知っておくべき5つのこと

2017年王者のトミー・フリートウッド、「ロレックスシリーズ」3勝のジョン・ラーム、今季「全英オープン」覇者のシェーン・ローリー、そして2016年「DPワールドツアー選手権」優勝のマシュー
2020/01/07セントリートーナメントofチャンピオンズ

「ずるい奴!」ハワイでもパトリック・リードに飛んだヤジ

を交えた三つ巴の争いになった。2ホール目からはリードとトーマスの一騎打ちに。決着がついた3ホール目、リードの3m弱のバーディパットの際に“Cheater!”(ずるい奴)という声がスタンドから響いた
2019/10/22ヨーロピアンツアー公式

36歳のコルサーツがパリで復活優勝

インイーグルでリードを奪い返したが、続く15番でダブルボギーをたたいて後退。ハンセンも17番をダブルボギーとしたことで、コルサーツが再びポールポジションについた。 シード権を争う状況で今週に入った36歳の