2018/10/05セーフウェイオープン

米ツアーの新シーズン開幕 ミケルソンが2打差3位

・ストラカが9バーディ、ノーボギーの「63」をマークし、9アンダーの首位で発進した。 1打差の8アンダー2位で29歳のチェイス・ライトが続いた。フィル・ミケルソンが6連続を含む7バーディ、ノーボギーの「65
2018/05/11ザ・プレーヤーズ選手権

4年ぶり同組のウッズ&ミケルソン ともに好発進ならず

◇米国男子◇ザ・プレーヤーズ選手権 初日(10日)◇TPCソーグラス(フロリダ州)◇7189yd(パー72) タイガー・ウッズとフィル・ミケルソンが2014年の「全米プロゴルフ選手権」以来、4年ぶり
2018/07/09グリーンブライアー

ミケルソンにまた2罰打 伸びた芝を踏みつける

ボールを故意にパットして物議をかもしたフィル・ミケルソンが、また罰打を受けた。「ア・ミリタリー・トリビュート at ザ・グリーンブライアー」最終日、7番ティ前方の伸びたフェスキュー芝を足で踏みつけ
2019/05/19全米プロゴルフ選手権

「全米プロ」最終日 組み合わせ&スタート時刻

ディングキャメロン・スミス 1 9:05 22:05 マシュー・フィッツパトリックルーカス・ハーバート 1 9:15 22:15 ポール・ケーシーフィル・ミケルソン 1 9:25 22:25 キャメロン
2018/03/06佐藤信人の視点~勝者と敗者~

ミケルソンにあってウッズにないもの

「WGCメキシコ選手権」は、フィル・ミケルソンがプレーオフの末、前週優勝のジャスティン・トーマスを破ってWGC最年長優勝記録を樹立しました。 宮里優作選手や小平智選手ら、日本人選手を苦しめたポアナ芝
2019/02/13佐藤信人の視点~勝者と敗者~

期待高まるペブルビーチでの生涯グランドスラム

「AT&Tペブルビーチプロアマ」から「全米オープン」へ――。フィル・ミケルソンが臨む目標には、すでに2人の先人が存在します。 1972年のジャック・ニクラス、2000年のタイガー・ウッズ
2019/04/12マスターズ

サイン拒否の恨み? 首位ケプカと3位ミケルソンの縁

「マスターズ」の観戦に訪れたことがあった。「1998年ごろの話なんだけど」。当時はプロのサインを集めていた小さなパトロンのひとりだったが、今も忘れられないのが、フィル・ミケルソンに断られた記憶だ
2018/06/08フェデックス セントジュードクラシック

S.パワーが首位発進 ケプカ、ミケルソンら1打差2位

バーディ、1ボギーの「65」とし、5アンダー単独首位の好スタートを切った。 ブルックス・ケプカ、フィル・ミケルソン、スティーブ・ストリッカーら11人が4アンダーの2位グループを形成。次週の海外メジャー
2018/07/07グリーンブライアー

クラフトが首位浮上 ミケルソン33位

になった。 故意に罰打を受ける騒動を起こした「全米オープン」以来の出場のフィル・ミケルソンは通算5アンダーの33位タイで決勝ラウンドに進んだ。
2017/07/20全英オープン

ミケルソン、1W抜きで挑む2度目の全英制覇

◇海外メジャー◇全英オープン 事前情報(19日)◇ロイヤルバークデールGC(イングランド)◇7156yd(パー70) 2013年以来となる2度目の全英制覇に挑むフィル・ミケルソンは、1Wを抜いて戦い
2017/06/15全米オープン

長女の卒業式出席のミケルソンが欠場 中断の願い叶わず

◇海外メジャー第2戦◇全米オープン 初日(15日)◇エリンヒルズ(ウィスコンシン州)◇7741yd(パー72) 優勝すればキャリアグランドスラム達成となる「全米オープン」初日スタートを前に、フィル・ミケルソン