2021/01/06PGAツアーオリジナル

実は大学時代以来の「復帰」 ラームとキャロウェイの関係

意味する。当時監督だったティム・ミケルソン下でプレーしたラームは、サンデビルの一員として11大会で勝利しており、これは同校史上、同じくキャロウェイのスタッフである(そしてティムの兄でもある)フィル・ミケルソン
2021/01/06セントリートーナメントofチャンピオンズ

シャウフェレは“史上最悪のプレゼント”新型コロナ感染から復帰

フィル・ミケルソンやジョン・ラーム(スペイン)とともに、契約するキャロウェイの写真撮影を行っていたという。カリフォルニア州サンディエゴの自宅などで自己隔離を終えたのが同29日だった。 大会はこれまで
2020/12/31PGAツアーオリジナル

2020年ギア関連のトップストーリー

気性を失うことのないフィル・ミケルソンは、ビッグネーム第一号としてキャロウェイの47.5インチにスイッチし、時間を置かずにディラン・フリッテリ、ビクトル・ホブラン、そしてアダム・スコットら、大勢の選手
2020/12/08全英オープン

「全英オープン」2024年大会までの会場を発表

リバプールで開催された14年大会ではロリー・マキロイ(北アイルランド)が優勝。ロイヤルトルゥーンでの16年大会ではヘンリック・ステンソン(スウェーデン)がフィル・ミケルソンとの歴史的なマッチレースを演じて
2020/12/01PGAツアーオリジナル

「ザ・マッチ」参加 NBA、NFLスターの気になる使用ギア

11月27日に「ザ・マッチ」第3弾が行われた。ゴルフ史上最高の2選手による高額賞金をかけた直接対決として始まったイベントは、慈善活動を支援するエキシビションへと姿を変えた。プロゴルファーはフィル・ミケルソン
2020/11/18PGAツアーオリジナル

PGAツアーで「長尺ドライバー」は定着するのか?

-弾道計測データや時速200マイル超えの初速を想像するのは自由だが、オーガスタで実戦投入される可能性は低かった。 フィル・ミケルソン: 47.5インチ KBS TD 60 C5 TX -ミケルソン
2020/11/11ヨーロピアンツアー公式

「マスターズ」で知っておくべき5つのこと

トップの座を取り戻すチャンスを握っている。この2人は2020年にそれぞれ2勝しており、最近開催された「ZOZOチャンピオンシップ」では、ともに2位タイに入っている。 このほか、「マスターズ」3勝のフィル・ミケルソン
2020/11/08ビビント ヒューストンオープン

10年間で32勝 PGAツアー“最強”の大学は

よると、これは出身大学別(中退を含む)で最多を誇っている。 ちなみに2位は世界ランキング1位ダスティン・ジョンソンが1人で21勝を稼いだコースタルカロライナ大。フィル・ミケルソンやジョン・ラーム
2020/11/08

ゴルフきょうは何の日<11月8日>

2009年 ミケルソン上海でWGC制す 中国・上海市にあるシェシャンGCで開催された「WGC HSBCチャンピオンズ」で、単独首位からスタートしたフィル・ミケルソンが通算17アンダーで優勝を飾った
2020/11/07ビビント ヒューストンオープン

S.バーンズ「65」で単独首位 小平智21位 松山英樹26位

オーバーの暫定70位、セルヒオ・ガルシア(スペイン)が通算5オーバー、フィル・ミケルソンが通算9オーバー。ダニー・ウィレット(イングランド)も初日「77」をたたいた後に棄権し、次週に迫った2020年最後のメジャー「マスターズ」の歴代覇者たちが…
2020/11/06マスターズ

2020年「マスターズ」出場選手&資格

1.マスターズの歴代優勝者(生涯) フレッド・カプルス セルヒオ・ガルシア※新型コロナ陽性のため欠場 トレバー・イメルマン ザック・ジョンソン ベルンハルト・ランガー サンディ・ライル フィル・ミケルソン
2020/11/06ビビント ヒューストンオープン

スネデカーが単独首位 松山英樹と小平智は暫定29位スタート

オーバーで初日を終えた。50歳のフィル・ミケルソンは6オーバーと出遅れた。 今大会は新型コロナウイルス感染拡大によるシーズン中断後、米本土で初めてギャラリー入場を1日2000人限定で認めた。
2020/11/04ビビント ヒューストンオープン

ミケルソン「マスターズ」へ秘策 47.5インチ1Wを最終テスト

フィル・ミケルソンが、次週12日に開幕が迫る「マスターズ」(ジョージア州オーガスタナショナルGC)へ秘策を温めている。試していたシャフト47.5インチの1Wについて、5日からの「ヒューストンオープン
2020/11/03ビビント ヒューストンオープン

「マスターズ」前週の強豪フィールド 松山英樹、小平智が出場

タイガー・ウッズが欠場を決めた一方で、フィル・ミケルソンは同週開催のシニアツアーとの選択の末にPGAツアーでのプレーを決断。松山英樹はツアー本格参戦後、初めてエントリーした。 近年の「マスターズ」歴代王者で