2018/01/21キャリアビルダーチャレンジ

A.クックが首位で最終日へ ミケルソンは予選落ち

た。 3日間54ホールを終えた通算8アンダーの66位タイまでが、メインコースのTPCスタジアムコースで行われる最終ラウンドに進出。大会アンバサダーを務めるフィル・ミケルソンは通算4アンダーで予選落ちに終わった。
2018/01/19キャリアビルダーチャレンジ

ラームが10アンダーで首位発進 ミケルソンは88位

アンダーとして首位に立った。 9アンダーの2位にオースティン・クック、アンドリュー・ランドリー、ジェイソン・コクラックの3選手が続いている。 昨年覇者のハドソン・スワッフォードは6アンダー15位タイ。フィル・ミケルソンは2アンダー88位で初日を終えた。
2017/10/09セーフウェイオープン

スティールが開幕戦連覇 ミケルソン3位

「69」でプレーし、通算15アンダーとしてシーズン開幕戦で連覇した。昨年に続き最終ラウンドで逆転してツアー通算3勝目。 トニー・フィナウが通算13アンダーの2位に続き、フィル・ミケルソンが通算12アンダー
2018/12/24ツアーギアトレンド

PGAツアーを彩るスペシャルなシューズたち

時期を移す。 ■G4にはトラッドモデルも キャロウェイの看板選手でもあるフィル・ミケルソンも、実はシューズはG4を愛用。トラディショナルなシンプルモデルもあるので要注目。 ■マスターバニーが米国に
2019/01/02セントリートーナメントofチャンピオンズ

小平智の米ツアー19年初戦 昨年優勝者34人が出場

、世界ランキング1位のブルックス・ケプカ、ロリー・マキロイ(北アイルランド)、ブライソン・デシャンボーらが出場する。タイガー・ウッズ、フィル・ミケルソン、ジャスティン・ローズ(イングランド)の3選手は欠場する。
2018/11/20ZOZOチャンピオンシップ

米ツアー「ZOZOチャンピオンシップ」を日本で開催 賞金11億円

。最近はサボり気味で9、10くらい」だという。 プロゴルフ観戦も好きで、フィル・ミケルソンが優勝した2010年の「マスターズ」のほか、今年9月には欧米対抗戦「ライダーカップ」の観戦のためフランスを訪れた
2018/10/01ライダーカップ

5戦全勝のモリナリが欧州を勝利へ導く

、モリナリは4&2でフィル・ミケルソンを破り、大会を通じて5ポイント目をチームにもたらした。 米国代表は日曜のシングルスで、最初の5試合中3試合で勝利して欧州代表に1ポイント差まで詰め寄った。大会初出場の
2018/07/10topics

プロ野球OB選手 スイングNo.1は意外なあの人

8位】川口和久 「ミケルソンばりの左の壁」 注目は左足の動きです。下半身の開きがいっさいなく、しっかりと左足で壁を作れています。この壁のおかげで上体をスムーズに回転でき、しっかりボールをつかまえること
2018/10/01ライダーカップ

欧州選抜が2大会ぶり勝利 ウッズは全敗

フィル・ミケルソンに4&2で勝つなどした。 <シングルス> 欧州 米国 ●ロリー・マキロイ 1UP ○ジャスティン・トーマス ポール・ケーシー 引き分け ブルックス・ケプカ
2018/10/13CIMBクラシック

「アジアはホーム」22歳シャルマが米ツアー初勝利へ首位

ても「きょうの夜もラヒル・ガンジー、アニルバン・ラヒリたちと一緒にたむろして、いつものように過ごすよ」と落ち着いている。 PGAツアーで首位に立つのはフィル・ミケルソンに敗れた「WGCメキシコ選手権
2016/07/18全英オープン

別次元の死闘 ステンソンVSミケルソンの一進一退

海外メジャー「全英オープン」の最終組で繰り広げられた、メジャー史に残る名勝負。最後はヘンリック・ステンソン(スウェーデン)が圧巻のスパートで同組のフィル・ミケルソンを振り切り、念願のメジャー初優勝を
2017/01/30ファーマーズインシュランスオープン

愛称はランボー ミケルソンの弟に導かれた逸材・ラーム

、米国のアリゾナ州立大学に進学。高校生だった彼をスカウトしたのが、当時同大ゴルフ部でコーチを務めていたフィル・ミケルソンの弟、ティムだった。「アメリカの父のような存在」にその才能を磨かれ、数々のタイトルを
2018/06/11記録

「全米オープン」出場選手&資格

ダニー・ウィレット 6.過去5年の全英オープン優勝者 ザック・ジョンソン ロリー・マキロイ フィル・ミケルソン ジョーダン・スピース ヘンリック・ステンソン 7.過去5年の全米プロゴルフ選手権優勝者
2018/09/29ライダーカップ

欧州選抜が2ポイントリード ウッズは勝ち点を奪えず

.マキロイI.ポールター(欧) 4&2 ●B.ワトソンW.シンプソン(米) 第3マッチ 〇S.ガルシアA.ノレン(欧) 1UP ●P.ミケルソンB.デシャンボー(米) 第4マッチ 〇F.モリナリT.フリートウッド(欧) 3&1 ●J.トーマスJ.スピース(米)
2018/10/08セーフウェイオープン

ツエーが初優勝 新シーズンの開幕戦を制す

加わったイム・ソンジェ(任成宰/韓国)のほか、アーロン・バデリー(オーストラリア)、トロイ・メリット、ルーク・リスト、サム・ライダーの5人が並んだ。 フィル・ミケルソンは通算8アンダーの17位で地元開催の開幕戦を終えた。