2013/03/12ヨーロピアンツアー公式

ライダーカップのスターたちがアバンザマスターズに参戦

No.1となったモンゴメリーや、アジアンツアーで4度賞金王に輝いているタイ人のトンチャイ・ジェイディ、インド人コンビのジョティ・ランドウハとジーブルカシン、中国人のリャン・ウェンチョンなどである
2011/01/07ザ・ロイヤルトロフィ

初日を終えた尾崎キャプテン「今日はいい練習になった」

できると思います」。それぞれの選手たちの戦いを見て、そう話す尾崎。 そして、大会前から腰痛に悩まされていたジーブルカシンの状態については「プロアマが終了した時点で、やれると言う本人のコメントが
2015/07/31ヨーロピアンツアー公式

地元で輝きを放ったローリー

」 この日早い時間にスタートしたラムゼイは、インドのシブ・カプールに対し7ホール終了時点で3ダウンと劣勢に立たされながらも逆転に成功し、1ホールを残して勝利すると、ジーブルカシンも素晴らしい
2012/06/23~全英への道~ミズノオープン

藤本佳則、日本人史上初の快挙なるか

、「ギリギリセーフという感じ」と優勝戦線に踏みとどまったことに満足感を示した。 初勝利からの2試合連続優勝となれば、1977年のセベ・バレステロス(日本オープン、ダンロップフェニックス)、2006年のジーブ
2008/12/07ゴルフ日本シリーズJTカップ

J.M.シン、深い悲しみを乗り越えての勝利

国内男子ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」を制し、「長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーカップ」に続き今季2勝目を飾ったジーブルカシン。今年は11月開催のアジアンツアー
2012/12/13石川遼に迫る

3年ぶり奪還へ 石川遼“今季最終戦”

組めるのは嬉しい」と自信を見せる。 今大会のアジア選抜は初出場選手が4人。ジーブルカシン(インド)と並び最多の4度目の参戦となる21歳には、チームを牽引する戦いぶりが求められる。(ブルネイ・バンダルスリブガワン/桂川洋一)
2004/12/19アジア・ジャパン沖縄オープン

8打差からの大逆転!宮里聖志が地元で嬉しい初優勝!!

絶好のスタートを切ると、中盤8番から11番まで4連続バーディ。さらに14番パー4でこの日7つ目のバーディパットを沈め、ジーブルカシン(インド)、チャーリー・ウィ(韓国)と並び首位に立った
2011/01/08ザ・ロイヤルトロフィ

キャプテン・ジョーの采配ズバリ!

キャプテン最大の誤算はジーブルカシンの故障といえるだろう。世界中のツアーで勝利を重ねた実績、経験は若いアジア選抜チームにとって心強い存在。しかしシンは腰痛に悩まされ大会直前まで約5週間、まともに
2011/01/08ザ・ロイヤルトロフィ

J.M.シン、宣言通りの復活劇!/ザ・ロイヤルトロフィ2日目

タイで開催されているアジア選抜対欧州選抜の対抗戦「ザ・ロイヤルトロフィ」の2日目、インドのジーブルカシンが、周囲の不安を払拭するプレーでアジア選抜のリードに貢献した。 シンは、今大会前に背中を
2020/03/19ヨーロピアンツアー公式

ヨーロピアンツアー最多勝アイルランド人選手は?

イタリアオープン」でツアー2勝目を挙げると、その4年後にはジーブルカシンをプレーオフで下した2008年「バランタイン選手権」、そして2打差で勝利した2008年「バークレイズスコットランドオープン」を制覇
2012/12/15ザ・ロイヤルトロフィ

逆襲のアジア、欧州に肉薄! 石川&藤本は会心の勝利

ポイントの欧州に詰め寄って明日最終日のシングルスマッチプレー戦8試合に臨む。 1組目のジーブルカシン(インド)とキラデク・アフィバーンラト(タイ)が、ミゲル・アンヘル・ヒメネスとホセ・マリア
2009/06/08ケルティックマナー・ウェールズ・オープン

J.ハルダハル、接戦を制し初タイトル!

ガリードは、中盤以降バーディを重ねて優勝を争っていたが、16番で叩いたダブルボギーが響き、あと一歩で優勝を逃してしまった。その他、サイモン・ダイソンとオリバー・フィッシャーのイングランド勢、ジーブ
2005/07/24セガサミーカップゴルフトーナメント

林根基が初代王者に!期待された片山は4位に終わる

根基が初代チャンピオンに輝いた。 前半、片山晋呉、ジーブルカシン(インド)らとのトップ争いから抜け出したのが林だった。2番のバンカーショットでチップインバーディを奪うと、そのまま勢いに乗り、4番
2008/02/09エマール-MGF・インディアンマスターズ

D.マクグランが首位を奪う!

シン、アージュン・アトワルという2人のインド勢もここに名を連ねている。また、記念すべき初代チャンピオンの座を期待されていた母国の英雄ジーブルカシンは10オーバー。ゴンサロ・フェルナンデス・カスタノ(スペイン)も17オーバーで見せ場なく予選落ちを喫している。