ニュース

欧州男子ケルティックマナー・ウェールズ・オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2009年 ケルティックマナー・ウェールズ・オープン
期間:06/04〜06/07 場所:ケルティックマナー・リゾート(ウェールズ)

R.ラムゼーが単独首位に! R.フィッシャーらが追う!

ウェールズにあるケルティックマナー・リゾートで開催されている欧州男子ツアー第25戦「ケルティックマナー・ウェールズ・オープン」の2日目。リッチー・ラムゼー(スコットランド)が通算7アンダーで単独首位に立っている。

混戦模様の幕開けとなった今大会。この日首位に立ったのは、ラムゼーだった。8位タイからスタートしたラムゼーは、4バーディ、ノーボギーと手堅く安定感のあるゴルフを披露。首位に並んでいた4人がいずれもスコアを落としたため、ラムゼーがそれに代わって通算7アンダーで首位の座に就いた。

ラムゼーを追っているのはロス・フィッシャーロバート・ロック(ともにイングランド)の2人。37位からスタートしたフィッシャーは、後半だけで5つのバーディを奪う猛チャージ、ロックは途中3ホール連続でスコアを落とすなどしながらも、それを上回る攻めの姿勢を貫き、それぞれ通算6アンダーでホールアウト。2人が決勝ラウンドでどんなゴルフを見せるのか?注目が集まる。

通算5アンダー、4位タイには、ジーブ・ミルカ・シン(インド)ら4人。続く通算4アンダー、8位タイにはニック・ドハティ(イングランド)、ファブリツィオ・ザノッティ(パラグアイ)ら4人が並んでいる。なお、地元ウェールズ勢は、通算3アンダーのステフェン・ドッドが12位タイで最高位となっている。明日からの後半戦は地元の声援を背に、さらなる上位進出を目指したいところだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 ケルティックマナー・ウェールズ・オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。