2018/04/20バレロテキサスオープン

ガルシアは出遅れ マレー首位、上位は混戦

。 17年「マスターズ」王者のセルヒオ・ガルシア(スペイン)はグレッグノーマン(オーストラリア)設計に自らのアイデアを加えたコースで、1バーディ、3ボギーの「74」とし2オーバーの87位。アダム・スコット(オーストラリア)は3オーバーの107位と出遅れた。
2018/04/18バレロテキサスオープン

ノーマン&ガルシアの設計コースに実力者が集結

◇米国男子◇バレロテキサスオープン 事前情報◇TPCサンアントニオ-AT&Tオークス(テキサス州)◇7435yd(パー72) 米ツアー「バレロテキサスオープン」は19日(木)に開幕する。グレッグ
2018/02/15ジェネシスオープン

ダスティン・ジョンソンが世界1位を1年保持 そのレア度は?

キープしたことがある選手は、ジョンソンのほかにタイガー・ウッズ、グレッグノーマン(オーストラリア)、ニック・ファルド(イングランド)、ロリー・マキロイ(北アイルランド)の4人だけだ。 「1位にとどまり
2018/02/14NBOオマーンオープン

オマーンで欧州ツアーの新規大会 片岡大育は6連戦

初開催となるトーナメント。首都・マスカットの海辺に作られたグレッグノーマン設計のコースが舞台となる。 オマーンでは2017年まで、NBO(ナショナル・バンク・オブ・オマーン)主催の下部チャレンジ
2018/02/13ヨーロピアンツアー公式

「NBOオマーンオープン」について知っておくべき5つのこと

牧歌的な美を織り成す絶景のコースである。 メジャー王者のグレッグノーマン設計のコースは、全長7342ヤード、パー72で沿岸という立地に相応しいリンクススタイルのレイアウトになっている。コース内にある木は、8番のフェアウェイに立つ1本のみである。
2017/11/15ヨーロピアンツアー公式

「DPワールドツアー選手権」の大会アラカルト

グレッグノーマンにより設計された7675ヤードのコースは、欧州や北米の有名なパークランド型コースにインスパイアされたレイアウトとなっている。 パー72のアースコースは、転がりの良いフェアウェイ、鮮やかな
2017/07/25ヨーロピアンツアー公式

「ポルシェヨーロピアンオープン」の大会アラカルト

、ニック・ファルド(2勝)、レティーフ・グーセン、トム・カイト、ベルンハルト・ランガー、サンディ・ライル、グレッグノーマン、そしてイアン・ウーズナムといった世界最高の選手たちがこの大会のトロフィーを掲げて
2017/07/24ヨーロピアンツアー公式

数字で振り返るジョーダン・スピースの「全英」制覇

グレッグノーマン(1983)、ニック・プライス(1994)、タイガー・ウッズ(2000)、そしてヘンリック・ステンソン(2016)に続き、全4ラウンドを「60」台で回って「全英オープン」を制した5人
2017/07/23記録

<記録>海外メジャー最少ストローク

63 マスターズ ニック・プライス 1986年/オーガスタナショナル/3R グレッグノーマン 1996年/オーガスタナショナル/1R 全米オープン ジョニー・ミラー 1973年/オークモント
2017/07/19全英オープン

マグレが少ないバークデール 松山英樹を推す識者たち

の2008年大会は、強風が吹き荒れる中で53歳のグレッグノーマン(オーストラリア)が健闘を見せたが、最後はパトレイグ・ハリントン(アイルランド)が逆転で大会2連覇を成し遂げた。 過去9度の開催のうち
2017/07/19ヨーロピアンツアー公式

第146回「全英オープン」の大会アラカルト

・プレーヤー、アーノルド・パーマー、トム・ワトソン、セベ・バレステロス(スペイン)、ニック・ファルド(イングランド)、グレッグノーマン(オーストラリア)、そしてタイガー・ウッズといった面々がクラレットジャグを
2017/07/18旅する写心

「全英オープンの記憶」〜2008年グレッグ・ノーマン

これまでノーマンの メジャー優勝を逃したシーンを どれだけ見てきただろうか。 前回のロイヤルバークデール 2008年全英オープンの最終日を ノーマンは2打差のトップで迎えた。 最年長優勝がかかった